舘です。

8月の「谷繁」公演準備を諸々進めつつ、ワタクシはもうすぐ本番でございます!

いよいよ、今週金曜日から始まります!

ノックノックス「人魚姫」

いやぁ、まじで素敵な作品になっております。

稽古場では、歌聞いて泣きそうになってました。

素敵過ぎて。やばいす。

後は、お客様が入ってどんな芝居になるか!!

楽しみで仕方ありません。

是非是非いらしてくださいませー!!



ノックノックス「人魚姫」  
作 演出 作曲 ヤストミフルタ
2019年6月21日(金)-30(日)

− 上演スケジュール −
6月21日(金)19:00
22日(土)13:00/18:00〇
23日(日)13:00/18:00◎
24日(月)19:00
25日(火)19:00
26日(水)14:00◎
27日(木)19:00
28日(金)14:00〇/19:00
29日(土)13:00◎/18:00〇
30日(日)13:00
〇・・・終演後アフタートークあり
◎・・・終演後アフターライブあり

− 会場 −
すみだパークスタジオ倉
http://www.theater-sou.com

− 料金 −
一般 6500円
学生 4500円(中高生)
当日 7000円
(全席指定・税込)
小学生以下無料
※夜公演は未就学児の入場不可
※3歳以下のお子様の入場不可

− 出演 −
蓮城まこと
きよこ
田野聖子
藤田奈那
菜那くらら※ヴォーカルとして参加
村上哲也(Theatre Ort)
小林至(Theatre Ort)
藤谷みき(青年団)
舘智子(タテヨコ企画)
八代進一(花組芝居)
田中英樹(テアトル・エコー)
木暮拓矢(流山児事務所)
林周一(風煉ダンス)
古澤光徳(ユニークポイント)
岩坪成美
下出宗次郎

− 演奏 −
坪光成樹(ギター/ベース)
角谷奈緒子(ビオラ)
まぁびぃ(パーカッション)
大西香奈(グランドハープ)

− スタッフ −
音響 中村久志
照明 福田恒子
舞台監督 大友圭一郎 伊藤新
舞台美術 福島奈央花
ガーデニング 柵山直之
衣装 寺地和美
宣伝美術 新出睦(ememデザイン室)
イラストレーション 松村真依子

映像 齋藤雄磨
制作 米田基(style office) 中井美帆 ムラタマリエ

【アフタートーク】

-22日(土)18時の回-
ゲスト:蓮城まこと・田野聖子・村上哲也・八代進一・木暮拓矢・古澤光徳

-28日(金)14時の回-
ゲスト:藤田奈那・きよこ・藤谷みき・舘智子・岩坪成美

-29日(土)18時の回-
ゲスト:田野聖子・小林至・八代進一・田中英樹・林周一・下出宗次郎

【アフターライブ】

出演:蓮城まこと、きよこ、藤田奈那、菜那くらら、人魚姫楽隊

※いずれも本編終了後20分ほどを予定しております。

− チケット予約 −
Confetti(カンフェティ)
http://confetti-web.com/knockknocks2019
カンフェティチケットセンター  0120-240-540
(受付時間 平日10:00〜18:00・オペレーター対応)

ノックノックスウェブサイト
https://knock-knocks.jp
※小学生以下のお子様とご観劇なさる際は、こちらの「contact」からお問い合わせ下さい。


ものがたりをはじめる前に

むかしむかし、人と人魚はとても仲良く暮らしていました。
しかしある日、人は大きな争いを起こし、大切な海をよごしてしまいました。
それは海に住む人魚や魚たちだけでなく、森に住む動物たち、空を飛ぶ鳥たち、
そして人間にとっても悲しい出来事でした。
やがて海は死に、この世界の生き物はどんどん姿を消していきました。

それからどれだけの時が流れたでしょう。
数十年、いや数百年でしょうか。
次第に生き物たちは生きる力を取り戻しはじめました。
海は相変わらず誰も住むことのできない場所でしたが、
人々は残った水を分け合い、動物や鳥たちと一緒に生きていく道を選びました。

そんな時、ひとりの人魚が浜辺で見つかります。
海が死んでしまったせいで、もうこの世界にはひとりも生きてはいないと思われていた人魚が生きていたのです。
ですが悲しいことに、それが新たな争いを生む火種となってしまいました。

「人魚の涙は水を浄化する力があるそうだ」
「人魚には人の傷を癒す力があるらしい」
「ううむ、それは是非とも手に入れたいものだ」
「やや、ひとりじめはゆるさんぞ」

人魚は争いのさなか、すっかり心を閉ざしてしまいました。
この物語は、そんな人魚が次から次へと人手に渡り、とある村にやってくるところからはじまります。








舘です。

あひゃぁ!!ずーっとブログ更新してなかった、、、

きゃっつ!!

もうね、だめね、怠惰。怠惰だわ。あたし。

って、少し反省したところで、次回客演のお知らせです。

ふふ。

今回は、初めましての劇団、ノックノックスさんに出演させていただきます。

ただ初めましてとは言え、主宰のヤストミさんは昔から知っているし、
共演の方々も見知った方がたくさん!

安心だぜぃなんて思っておりましたが、なんとなんと、

主演は元宝塚の方

そして

元AKBの方

も出演されるではありませんか!!

ひぃー!!

人見知り&内弁慶の血が騒ぎまくるぜ。へいへい!

びびりまくって顔合わせに行ってまいりました。

そうしましたらですねぇ、なんだか皆さん芝居LOVEのキュートガール&ボーイズでございまして、

ほっと胸をなでおろした次第でございます。

取らぬ狸の皮算用。

間違えた。

取り越し苦労。

そしてそして、稽古はめちゃ楽しいでございます。

私は恐れ多いことに、元AKBの藤田奈那さんのお母さん役をやらせて頂くのですが、
まぁ、これがかわいいことかわいいこと。

お母ちゃん!!と呼ばれてにやにやしております。

そして、すごーく素直なお芝居をされるので、一緒に芝居をしていてとっても幸せ。

是非是非、観にいらしてくださいませ!

6月末、すみだパークスタジオ倉です!!

お待ちしておりますー!!!


・・・・・・・・・・・・・・・


ノックノックス「人魚姫」  

ものがたりをはじめる前に

むかしむかし、人と人魚はとても仲良く暮らしていました。
しかしある日、人は大きな争いを起こし、大切な海をよごしてしまいました。
それは海に住む人魚や魚たちだけでなく、森に住む動物たち、空を飛ぶ鳥たち、
そして人間にとっても悲しい出来事でした。
やがて海は死に、この世界の生き物はどんどん姿を消していきました。

それからどれだけの時が流れたでしょう。
数十年、いや数百年でしょうか。
次第に生き物たちは生きる力を取り戻しはじめました。
海は相変わらず誰も住むことのできない場所でしたが、
人々は残った水を分け合い、動物や鳥たちと一緒に生きていく道を選びました。

そんな時、ひとりの人魚が浜辺で見つかります。
海が死んでしまったせいで、もうこの世界にはひとりも生きてはいないと思われていた人魚が生きていたのです。
ですが悲しいことに、それが新たな争いを生む火種となってしまいました。

「人魚の涙は水を浄化する力があるそうだ」
「人魚には人の傷を癒す力があるらしい」
「ううむ、それは是非とも手に入れたいものだ」
「やや、ひとりじめはゆるさんぞ」

人魚は争いのさなか、すっかり心を閉ざしてしまいました。
この物語は、そんな人魚が次から次へと人手に渡り、とある村にやってくるところからはじまります。


作 演出 作曲 ヤストミフルタ
2019年6月21日(金)-30(日)
すみだパークスタジオ倉
 

− 出演 −
蓮城まこと
きよこ
田野聖子
藤田奈那
菜那くらら※ヴォーカルとして参加
村上哲也(Theatre Ort)
小林至(Theatre Ort)
藤谷みき(青年団)
舘智子(タテヨコ企画)
八代進一(花組芝居)
田中英樹(テアトル・エコー)
木暮拓矢(流山児事務所)
林周一(風煉ダンス)
古澤光徳(ユニークポイント)
岩坪成美
下出宗次郎

 

− 演奏 −
坪光成樹(ギター/ベース)
角谷奈緒子(ビオラ)
まぁびぃ(パーカッション)
大西香奈(グランドハープ)
 

− スタッフ −
音響 中村久志
照明 福田恒子
舞台監督 大友圭一郎 伊藤新
舞台美術 福島奈央花
ガーデニング 柵山直之
衣装 寺地和美
宣伝美術 新出睦(ememデザイン室)
イラストレーション 松村真依子

映像 齋藤雄磨
制作 米田基(style office) 中井美帆 ムラタマリエ
 

− 上演スケジュール −
6月21日(金)19:00
22日(土)13:00/18:00〇
23日(日)13:00/18:00◎
24日(月)19:00
25日(火)19:00
26日(水)14:00◎
27日(木)19:00
28日(金)14:00〇/19:00
29日(土)13:00◎/18:00〇
30日(日)13:00
〇・・・終演後アフタートークあり
◎・・・終演後アフターライブあり




【アフタートーク】

-22日(土)18時の回-

ゲスト:蓮城まこと・田野聖子・村上哲也・八代進一・木暮拓矢・古澤光徳

-28日(金)14時の回-

ゲスト:藤田奈那・きよこ・藤谷みき・舘智子・岩坪成美

-29日(土)18時の回-


ゲスト:田野聖子・小林至・八代進一・田中英樹・林周一・下出宗次郎

【アフターライブ】

出演:蓮城まこと、きよこ、藤田奈那、菜那くらら、人魚姫楽隊


※いずれも本編終了後20分ほどを予定しております。



− 会場 −
すみだパークスタジオ倉

http://www.theater-sou.com

− 料金 −
一般 6500円
学生 4500円(中高生)
当日 7000円
(全席指定・税込)
小学生以下無料
※夜公演は未就学児の入場不可
※3歳以下のお子様の入場不可


− チケット予約 −
Confetti(カンフェティ)
http://confetti-web.com/knockknocks2019
カンフェティチケットセンター  0120-240-540
(受付時間 平日10:00〜18:00・オペレーター対応)

ノックノックスウェブサイト

https://knock-knocks.jp
※小学生以下のお子様とご観劇なさる際は、こちらの「contact」からお問い合わせ下さい。

 

稽古始まりましたよ−!!!!!

舘です。

ついに「三人の姉妹たち」稽古始まりました。

今回初めましての客演さん、岩崎正寛さん(演劇集団円)、小野寺亜希子さん(テアトル・エコー)、

そして、「あるサラリーマンの死」では大変お世話になりました坂口修一さん、

タテヨコ常連の久我真希人さん(空観)、「美しい村」から2回目の田村かなみさん、

皆様、とっても素敵な役者さんばかりです!はい!むきゅう!!

よろしくお願いいたしますっ!!!

今は、テーブル稽古でございます。

皆で台本を読み、解釈やら共通認識を深めております。

いやはや、どうなりますやら!

楽しみでございます。

皆様も、お楽しみにー!!!


舘です。

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

恒例のお節紹介コーナーです。

勝手に毎年やっています。うふふ。




ああ、とっても楽しいお正月だったわー。


そして、去年は本当に充実した年でした。

大好きなカタカタで公演できたし


大阪公演もできたし


映画の撮影もしたし(しかも奈良で!!)


小劇場B1で初めて公演して、とっても素敵な劇場だったし


大阪に二週間滞在して、公演もできたし


本当に、皆様、ありがとうございました!!

今年も、なにとぞなにとぞ、よろしくお願いいたします!!!!!

3月は東京は小劇場楽園で、大阪はIKSALON表現者工房で「三人の姉妹たち」を上演します。


お楽しみに!!!


もうすっかり年末ですね。舘です。

てんやわんやの大阪生活を過ごし、何とか無事に

IKSALON表現者工房二周年シリ−ズ 市民参加演劇公演 part.1『土に寝ころぶ女たち』

公演終了することができました。

ご来場いただきましたお客様、関わって下さった全ての皆様、ありがとうございました!

関西在住の友達が観に来てくれたり、東京からわざわざ市橋、しのぶ、西山が観に来てくれたり、

こちらも東京から、瀧さんと市川と加藤が弾丸ツアーで観に来てくれたり。

本当に嬉しかった!!

大阪生活ではもっとバカンスするはずだったのですが、とある事情でバカンスできず、、、

オーノー。

まぁ、おばあちゃんにも会いに行けたし、ギア-GEAR-を観に行ってそのついでに伏見稲荷に行ったり、

天王寺動物園に行ったりできたから、仕方なくいいとするか。。。

っつったら、結構遊んでんじゃん!!と突っ込まれましたが。

2週間どっぷり、芝居稽古本番生活をいたしました。

まぁ、珍しく楽しい経験が出来たなと。

帰ってきたら、体中色んな所が痛くてまだまだ疲れは取れませんが、、、

ゲスト出演の坂口修一さんとは、がっつり組ませて頂きました!!

はぁ、楽しかったー!!!

次回3月のタテヨコにもご出演いただきます。

大阪公演もまたありますので、関西の皆様、またよろしくお願いいたします!

とにかく楽しい現場でした。

参加者の皆様、ありがとうございました!!

今回の参加者は19歳から72歳の方までいらして、かなりの年齢幅でございましたよ。

小うるさいばばぁでごめんなさいね。

大阪来たら、また遊んでねぇー!!!


ありがとうございました!!




またまたすっかりご無沙汰ブログ、、、舘です。

「美しい村」が無事盛況に終わりまして、皆々様、本当にありがとうございました!!

次回タテヨコは「三人の姉妹たち」。

チラシ用の写真撮影も終わり、チラシも楽しみでございます。

お楽しみに!!

、、、と、ところが、その前に!!!!!

ワタクシ、大阪で公演がございます。

大阪のみ公演でございます。

今年の3月に大阪でお世話になりました、IKSALON表現者工房の<市民参加演劇公演>に

ゲストとして出演させて頂きます!

タテヨコで3年半前に上演しました「土に寝ころぶ女たち」を上演いたします。

もちろん、作・演出は横田修です。

関西圏の皆様!是非是非いらしてくださいませ。

そして、関西圏ではない皆様、クリスマスを私と大阪で過ごしませんか??うふふ。

大阪に遊びに来るついでに観に来ちゃってもいいじゃない!いいじゃない!

お待ちしておりますーーー!!!


・・・・・・・・・・・


IKSALON表現者工房二周年シリ−ズ 市民参加演劇公演 part.1『土に寝ころぶ女たち』

●作/演出/構成 横田修(タテヨコ企画)

●製作 池田直隆・IKSALON表現者工房

●キャスト

坂口修一
舘智子(タテヨコ企画)

美輝明希((有)ライターズ・カンパニー)
木下菜穂子
若旦那家康(コトリ会議)

飯田紀史
植野登紀子(テアトルアカデミー)
川口海渡(STEP)
下茂太一(STEP)
まえかつと(コトリ会議)
松井夏樹
真銅美織(劇団ひまわり)
宮澤弘一
森田歩(はちの巣座)
YAKO(森林浴)

●日程 
12月22日(土) 18:00
12月23日(日)  13:00/18:00
12月24日(祝・月) 15:00

30分前開場
受付は開演の45分前
空調が効きすぎる場合がございます。ご心配な方は、羽織るものをご準備ください。

●会場 IKSALON表現者工房
〒544-0025 大阪市生野区生野東2丁目1-27 寺田町延三ビル
Tel 06-6147-2897(平日10〜17時)
Mail iksalonhyogensha@gmail.com
H.P. http://iksalon-hyogensha.com/

●あらすじ
冬。さる農法の実践者・堀内を慕う主婦達が中心に結成した農園『みのり』。

畑を広げる計画を立てると、近くの禅寺から修行僧が手伝いに送り込まれます。

今にも雪が降りそうな寒空の下、寡黙に畑仕事をする主婦と修行僧たち。

その日は堀内の米寿のお祝い。収穫後、久しぶりに集まる『みのり』のメンバーは相変わらず元気ですが、

一人の主婦が、どうやら同じメンバーの夫と離婚するという噂が聞こえてきます。

主婦達の人間模様や、堀内の壮絶な生き方に翻弄される修行僧たち。

「わら一本の革命」の著者である故・福岡正信氏の生き方をモチーフにして、農園という、

生きることに直接繋がる小さなコミュニティーを丹念に描くことで、 現代人の営みの儚さや苦悩、

そしてだからこそ愛しい人間存在を描きます。

●チケット価格
一般 3,200円(1ドリンク付き)
学生 2,700円(1ドリンク付き) 
当日チケットは500円UP
学生は当日、証明できるものを提示

●スタッフ
照明 阪上英里子
音響 杏藤舞香
宣伝美術 赤星マサノリ
制作 尾崎商店
協賛 ラウンジ本間・バー吉田
製作協力:IKSALON表現者工房
製作:池田直隆

●ご予約はこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/t8oiwlh?m=0jiiigf

まぁ、なんてご無沙汰なのでしょう、、、

舘でございます。

「あるサラリーマンの死」が終わり、それぞれが諸々の活動をしたり、夏休みを満喫したりしておりましたが、更新がとんと、、、

きゃー!!


そして、一気に時は流れ「美しい村」の顔合わせがありました!!



本番中の方もいらして、全員集合ではないのですが、台本を読み合わせいたしました!!

いやはや、なかなか強者揃い。

これからの稽古が楽しみだぜぃ!!

これからはどんどこ更新していきまっせい!

よろしくお願いいたします〜!!




明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いいたします!!!

昨年は坊主から始まり、だんだん髪の毛が伸びてきたなぁという一年でした。

なんのこっちゃい。

今はすっかり普通の短髪野郎でございます。

もう、普通の人の役が出来るよ!!

や、坊主頭でも無理やり客演先で教師役なんぞをやらせていただきましたがねっ。

ごめんね、ソラカメの皆。ふふふ。

今年は、横田作演出のカタカタからの大阪公演、秋は再び柳井さんの脚本・青木演出でございます。

お楽しみにーーーー!!!



そして、はいっ!(勝手に)恒例のお節たちです。

私のお楽しみ。
















はぁ、美味しかったよぉ。。。

でも!楽しいお正月もこれで終わり!!

6日から稽古に入りますです。

わくわくするぜぃっ!!!



舘です。

菅間馬鈴薯堂「光合成クラブ・? 〜男のいない女たち〜」無事終了いたしました。

ご来場いただきましたお客様、ありがとうございました。

今回はいつにもまして、お客様が入ってこその演劇なのだなぁと実感しました。

菅間さんは「こんな芝居、誰にも受け入れられないかもしれない、でも僕は今これがやりたいんだ!」と言い続けておられました。

あまりにも言うもんだから、そうなのかも、、、と思ったり思わなかったり。

でも、実際蓋を開けてみれば、とても皆さん楽しんで下さって、今までの菅間馬鈴薯堂の中で一番面白かったと言っていただいたり、本当に嬉しく楽しい毎日でした。

稽古は、相当苦しかったですが。

なんでしょうね。挑み続けるってことの苦しさでしょうか。

自分の不甲斐なさの苦しさでしょうか。

まぁ、とにかく色々ありましたが、総じて苦しかったのは確か。

一日寝た位ではこの疲労はなくならん!ってなもんです。

でも、お客様に楽しんでいただけて、自分でも楽しんで舞台にいられて、本当によかった。

それが全てですもんね。

後は、自分で今後積み重ねて行けるかが勝負でございます。

本当にありがとうございました!!!

次回は3月タテヨコです。

久しぶりの横田作・演出作品!!

そして、これまた久しぶりのカタカタです!!

なんと、大阪公演もあるのですよ!

がんばるぞー。

お楽しみに!!!




写真はカタカタでのチラシ写真撮影風景。



舘です。

昨日、初通しをしました。

久しぶりのシーンあり、ほとんど稽古していないシーンあり、どきどきわたわたの初通しでしたが、なんとか通せましたん。

ふぅ。

なんとか。

やっと全体的な体感がつかめましたわ。

まだまだだけど。

そして変わるだろうけれど。

とにかく第一歩。

だす。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・



菅間馬鈴薯堂 Vol.36「光合成クラブ・? 〜男のいない女たち〜」

2017年11月29日(水)〜12月3日(日)

11月29日(水) 19:30
  30日(木) 19:30
12月 1日(金) 15:00/19:30
    2日(土) 15:00/19:30
    3日(日) 15:00


○台本・演出 
菅間 勇


○出演
稲川 実代子
舘 智子(タテヨコ企画)
加古 みなみ
シゲキ マナミ
目黒 ひかる

植吉(Itoo offics inc.)
村田 与志行(ボタタナエラー)
西山 竜一(タテヨコ企画)
加藤 和彦(タテヨコ企画)


○劇場
劇団一の会 ONE'S STUDIO
〒176-0005 練馬区旭丘1-10-10
TEL050-3379-2826 (公演期間中のみ対応)
劇場ご案内図 http://gekidan-ichinokai.com/studio.html

○料金
前売り & 当日 ¥3,000
シニア割引(65歳以上) ¥2,500円
大学・専門学生割引 ¥2,000
中・高生割引 ¥1,000
※チケットは、日時指定・全席自由席

ご予約はこちら→https://www.quartet-online.net/ticket/sugapote?m=0gghjic