公演が終わった。お疲れ様でした。
みんなさいこー
自分のブログと間違えてここに変な写真をアップしちゃったんだけど、
消そうと思っても消すことができなかったので、
ごまかすためにこれを書いています。
むーらむーらぎっちょんちょーん。

横隔膜の使い方について三番地に熱弁をふるうシゲパ。

まだ語ってる。

まだ語ってる。

まだ語ってる。

背の高さの話になった。

また横隔膜の話になる。

横隔膜の話は続く。


「あ〜ひまだな〜」


「おい、そんなにひまならタテヨコ企画を見に行け」


「来週6日から下北の駅前劇場だ」


「え〜芝居〜?めんどくさいな〜」


「まあそう言うな」


「この芝居はタテヨコ企画が強力な客演陣を迎えてだな…」


「ねえねえ、あんたタテヨコ企画からいくらもらってんのさ」
「し、失礼なことを言うな」


「とにかく、面白いから騙されたと思って観に行ってみろ」


「え〜ツタヤでビデオ借りた方がいいよ〜」


「な、生の舞台も面白いぞ…」


「じゃあさ、スパイダーマンより面白い?」
「ス、スパイダーマンか…んー…」


「スパイダーマンより面白いですよ」


「あんた、誰?」


「名乗るほどのもんじゃあございやせん…」


「ふふふ…」


「さようなら…」


「ちょっと待て」


「…なんでございやしょう」


「その声に聞き覚えがある。きさま何者だ。正体を見せろ」


「…嫌だと言ったら?」


「とう」
「うわ」


「今だ、押さえろ」
「はい」


「わ、わかりやした。手荒なマネはしねえでくだせえ」


「よし、じゃあ正体を見せろ」


「今から私の正体をお見せしやす…
ただ…なにが起きても責任持てませんぜ…?」


ゴクリ…


「うがあああ…」



「き、きさまは!」










「誰?」
「知らない」

スピリチュアルカウンセラーの江原啓之によると、ストレスを食で満たそうとする人は“愛に飢えてる”んだそうだ。
でもあの人自身、けっこう太ってるよな、と思う。

稽古帰り、反対ホームでひとり、リップクリームを塗る地獄谷三番地くんを見た。
唇の荒れを気にしてんだなあって思った。