本日より江古田ワンズ入り。
稽古も佳境のはずですが まだまだまだまだ行きたい気持ちで いつぱいです。
「夜まで待てない」まで待てない、とか言ってた頃が懐かしいスウィートメモリーっす。
「夜まで待てない」まで待ってて!渚のバルコニーで待ってて!そぉして秘密ぅ
こんばんわ、瓜生和成です。


ギャラリー公演って 舞台美術がもろ「現実」だから
いつもの作り方とは すこし違うのかもしれません。
嘘をつかないように、ってことは いつだって どこだって 芝居を作るときは考えることですが 今回は横田君の演出に執着を感じるところ。
大きく飛んでから 固めてゆく人、
思わぬところへ飛んでから作ってゆく人、
ちからわざの人、石橋を叩く人、
タテヨコって いろんなタイプの役者がいて頼もしいです。



頭で考えるより 稽古!稽古!稽古!(「Wの悲劇」より)の僕ですが 今回は毎日 台本を抱いて眠る日々です。
まだまだ まだまだ 見つけたいです。
きっとあるはず。
栄光へのカウントダウン。

銀座で いい顔で会いましょう。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL