アメフラシザンザカ」演出担当の横田です。
今日僕の一番の失敗は、稽古中、多根さんと勘違いしてマサさんの隣で延々と駄目出しをしてしまったことです。名前どころではありません。勘違いもここまで来ると病気です。

今日二人目の紹介です。
吉田有里さんとはワークショップで知り合いました。吹けば消えちゃいそうな独特の空気感があって、それをかき集めてパタパタカタチを作ってるみたいな(砂遊びをしてるイメージでしょうか?)とにかく不思議な感性の持主なのです。すごく可愛い上に、どこか別の世界と繋がっているような、、、例えば月面とか。まるでかぐや姫みたいな女の子とでもいいましょうか。
・・・いやぁ、すごい例えが出てきましたね。自分でもびっくりです。

そんな吉田有里さんは今回、故郷みたいな漁師町にふらっと遊びに来ちゃってさあ大変!な女の子、立花役をカレンに演じております。ご期待下さい!

横田修 拝
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL