毎日寒いですね。
なのに稽古場は、窓が湿気で曇るほど熱気ムンムンです!

今回の芝居の舞台は、私が行っていた大学です。フィクションですから事実ばかりではありませんが、描いているうちに、いろんなことを思い出しました。あの頃から二十年の月日が過ぎたわけですが、何が変わったのか、変わってないのか、自分でも正直よく分かりません。今、稽古場で俳優達とそれを探しています。

分かったところで、きっと、何がどうなるわけでもありません。でも時には、ぐいっと若い頃に戻った気持ちになってみるのも良いのではないかと思うのです。今を前に進めるために。

写真は娘が作った雪だるまです。なかなかだと思いませんか?




 
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL