作・演出の横田です。
昨日6日目。満員御礼。ご来場のお客様には感謝の言葉しかございません。ありがとうございます!
今作「ある冬の朝、Kは」は、随所に自分の学生時代のエピソードが盛り込まれています。かなり気恥ずかしい部分もあるのですが、そんな私の小さなキモチなど吹き飛ばして、暑苦しいほどに元気でヤンチャな俳優達とスタッフ陣が、舞台を作品へと昇華してくれました。是非劇場で体感してください!

終演後、毎日劇場でお客様と乾杯しています。飲み屋さんへ行く時間のないお客様も、さくっと一杯飲んでお帰りになれると好評を頂いております。是非ご利用下さい!

イェーイな写真の奈賀毬子さん、なかまりさんとは2回目の共演になります。一回目は「鈴木の行方」という作品でした。すごく可愛くて頭が切れるなかまりさんは、私の言葉を的確にやわらかく形にしてくれます。自分で劇団を立ち上げたり(肯定座)ドラマの吹き替えをしたりと、活躍の場をどんどん広げるなかまりさんから私は目が離せません!

今回、なかまりさんの役どころは、主人公の妻、玲子の親友いすずです。今回登場する40代の同窓メンバーの中で、いすずが一番しっかりしてるのではないかと思うのですが、いかがでしょう?

 
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL