IMG_0903.JPG


秋も深まりそろそろ冬支度ですね
昨日私はお土産で頂いた富山の新米を食しました
ツヤツヤ甘くて柔らかくとても美味しかったです
 さて菅間馬鈴薯堂の公演が始まります

念願の漱石シリーズ、実在した人物や想像上の登場人物、みんなどこかキラッとしています
ぜひぜひ観にいらしてください‼︎

菅間馬鈴薯堂第33回公演「幻の女(ひと)〜台所の漱石・鏡子夫妻〜」

台本&演出 菅間勇

2014年11月6日(木)〜10日(月)

11/6(木) 19:30
    7(金) 19:30
    8(土) 15:0019:30
    9(日) 15:0019:30
      10(月) 18:30
...
会場 上野ストアハウス
    東京都台東区北上野1-6-11NORDビルB1
    上野駅からの道    https://goo.gl/maps/hAHPy

料金 前 売 3000円
   当 日 3300円
   シニア割引  2500円
   大学専門学生 2000円
   中高生割引  1000円
 
こりっちサイト
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=59666

 大好きな菅間馬鈴薯堂の夏目漱石シリーズ
小田豊さんの漱石、稲川実代子さんの鏡子夫人
夏目漱石夫妻を題材に夏目のお家に出入りした人物たちが描かれます

若くして日本舞踊の名取をしている鬼塚桃子さんも出演、実際に日舞の指導もしてくれています
彼女の舞いも必見です

幻の女は夏目漱石の夢十夜の中の登場人物のセリフと漱石が実際にそんな女があったのではないかという推測からエッセンスが入ってます

また、村上春樹の「納屋を焼く」という短編小説からも着想を得て絡めています

この辺りもやはり菅間さん面白いです

お馴染みのようでなんとなく少し違います

今回も俺は色々言われると思う
でも俺のやってることをじゃあやってみろって言うんだよ
俺はこれなんだと思うよ

稽古場で少し語気を強くしてこう仰った菅間さん

それぞれが自分のやる役や、作品に愛情を持てるのは当たり前のようでとても有難いことのような

どうぞお楽しみに‼︎





関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL