はてさて舘とシシャモが出演の辻川ストロベリーを間近にする五月も半ばでございますが、六月にはワタクシちゅうり出演の舞台もございますもので、ええ、またしても他団体で恐縮でございますが、恐縮続きで恐縮ですが、ええい、お知らせじゃあーーーーと平身低頭。

来月は10日(水)から14日(日)に座・高円寺、文月堂第12回公演「ちょぼくれ花咲男」でござい!

2011年にシアターサンモールで上演され最優秀演出賞を受けるなどの好評作品の再演、初演時はワタクシも客席からタテヨコ界隈にも御馴染みの佐藤滋や川本裕之、植木まなぶ、辻沢綾香といった諸兄諸姉を舞台に眺める側でありました。

それから4年、劇場も新たに臨みます文月堂、どうか御高覧給わりますよう、平に、平に、御願い奉りまする!





文月堂第12回公演
日本劇作家協会プログラム
『ちょぼくれ花咲男』

作・演出 三谷智子

2015年6月10日(水)〜14日(日)
座・高円寺1

生まれながらに無用の男
屁のつっぱりにもならぬ人生を
屁ぇ突っ張らかして花咲かす
人呼んで
花咲男

【出演】
前田こうしん
山口雅義
中野英樹
荒川大三郎
日高啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
村田与志行(ボタタナエラー)
石塚義高(ドリームダン)
椎名茸ノ助(ドリームダン)
垣内健吾
岸野健太(てがみ座)
小玉雄大(スターダス21)
ちゅうり(タテヨコ企画)
大森照子
四條久美子(ペテカン)
岩見美映
さかい蜜柑
栗林真弓(★☆北区AKT STAGE)
近藤なつみ
笠井幽夏子(俳優座)
日高ボブ美(ロ字ック)
平石愛
神馬ゆかり(文月堂)
三谷智子(文月堂)

【タイムテーブル】
6/10(水) 19:00
6/11(木) 14:00☆/19:00
6/12(金) 19:00
6/13(土) 14:00☆/19:00
6/14(日) 14:00

※開場は開演の30分前、受付開始及び当日券の販売は開演の45分前です。

☆:劇場託児サービスがございます。ただし定員あり、料金1000円、対象年齢1歳〜未就学児童。1週間前までに劇場(03-3223-7300)に御予約くださいませ。

【料金】
日時指定・全席指定
前売・当日とも3500円

以下URLからちゅうり取り扱いにて御予約受付中!!
https://www.quartet-online.net/ticket/cyobokure?m=0afadii

※劇団予約(080-2376-4428/fumitsukido@yohoo.co.jp)限定にてU-18割2500円!
18歳以下で事前予約をいただいたお客様。当日身分証の御提示をお願いいたします。

※座・高円寺の劇場回数券「なみちけ」もご利用可。
恐縮ですがこちらの詳細は座・高円寺までどうか。

【会場】
座・高円寺1
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2
TEL:03-3223-7500
JR高円寺駅 北口徒歩5分
※土日・祝日の中央線快速は高円寺駅に停車いたしません、ご注意!

※申し訳ありませんが就学前のお子様の入場はお断りさせて頂きます。
※開演後のご入場はお断りする場合もございます。御予約を頂いた場合でも、開演5分前までにお越し頂けない場合、当日のお客様にお譲りする可能性がございますので予めご了承をば。

【スタッフ】
舞台監督:村岡晋
舞台美術:田中敏恵 
  照明:池田圭子
  音響:島貫聡 
  作曲:糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)
  編曲:佐藤こうじ(Sugar Sound) 
  振付:久井麻世
 小道具:富田喜助(卉卉工房/第27班) 
演出助手:三浦未早 
宣伝美術:川本裕之
イラスト:ヤスダマサヒロ 
舞台写真:相川博昭 
当日運営:菅野佐知子(劇団チョコレートケーキ/ノアノオモチャバコ) 
制  作:神馬ゆかり

【企画製作】
文月堂
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL