明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

昨年は本当に楽しく忙しく嬉しく、そして大変な一年でした。

皆々様には、大変お世話になり、楽しい時間を過ごさせていただき、本当にありがとうございました!!

今年もますます頑張って行きたいと思っております。

なにとぞ、よろしくお願いいたします!!!




と、ご挨拶したところで、、、もうお正月ではないのですね。。。

まだまだ美味しいもの食べて、ごろごろしたいのに!!!

くそぅ。早いよね。素敵な時間が過ぎるのは。

毎年恒例のお節さんたち。













ああ、美味しかった。しやわせ。

だがしかし!!明日からはかもねぎ稽古再開。

シフトチェンジして、バリバリやるわよ!

まだまだ試行錯誤ではありますが、相当おもしろいものになりそうです。

皆様、よろしくお願いしますーーー!!!


・・・・・・・・・・


2016年1月28日(木)〜31日(日)
@下北沢 ザ・スズナリ
かもねぎショット『ペルセポリス』

【作・演出】
高見亮子

【出演】
渡辺信子
砂山典子(ダンサー)
大久保洋太郎
笠久美(発電ジョカ !! )
小野寺亜希子(テアトル・エコー)
舘智子(タテヨコ企画)
滝口美也子(ダンサー)
公門美佳(タンサー)
松木皓大
山本敦美(カオルちゃんオフィス)
高麗哲也
藤谷理子
栗栖千尋(かもねぎショット)
井草加代(かもねぎショット)
高見亮子(かもねぎショット)

【スタッフ】
美術=加藤ちか
照明=中川隆一
音響=藤田赤目
衣装=高橋佳
舞台監督=佐藤昭子
画=永山裕子
宣伝美術=西山昭彦
協力=吉田実優、古賀みのり
制作=かもねぎショット制作部、鈴木紀
主催=かもねぎショット

【タイムテーブル】
28 日(木)19:00
29 日(金)15:00/19:00
30 日(土)14:00/18:00
31 日(日)13:00/17:00

・開場は、開演の 30 分前です。
・全席指定席

【チケット】
前売り・当日=3800円


【ご予約】

予約フォーム


今回の作品は、イラン女性が自身の半生をつづった世界的ベストセラー漫画『ペルセポリス』(マルジャン・サトラピ著)が出発点となりました。
印象に残ったのは、モノクロで版画のように太い線と面。
そして、虐殺された死体たちの首が 模様のように並ぶカットでした。
これが日常だから、こうしてジョークのようにして図案のようにして飛ばすしかないのだと気づいたのは、ずいぶん経ってから。究極のジョークは、幾多の人々の涙を包んであるものなのかもしれません。

かもねぎ作品の舞台は、イランでも 中東でもありません。

物語は、イランから少女を迎えることになった町が舞台です。
さて、どうやって迎えよう。
善良ながら何も知らない人々は、知らない国の歴史を誤って認識し、その誤りだらけの歴史に自分たちが翻弄されていきます。
はたして、彼らの準備はどのように整っていくのでしょう。

究極のジョークを目指し、観客の皆さまには、笑いながら遠いところまで飛んでいって いただこうと目論んでおります。
一同、劇場にて心よりお待ち申し上げております。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL