本日は、この物語の事について考えてみました。
ここでは言えませんが、、、、。
なので、まあ、いろんな人生、良いも悪いも、どちらも素敵で、悲しいものだなあ。でも面白いなあと思います。
関係のない、ある男の話をします。

静岡県で生まれ、タヌキ名人と言われた男です。
小さな頃から学業に勤しんでいるふりをするのが大好きな男で、いつでも机にかじりついており、その実、机の板をじっくりと無用にも観察をしていました。もう本当に隅からすみまで顕微鏡とは言いませんが、人が見えないくらいの細かい物、見えないくらいの虫たちまで見えるようになってしまうほどでした。
その為、観察力がビックリする程ついてしまい、黒板を一目見ただけで覚える事が出来ました。

結果、勉強のふりをし続ける事で、勉強出来ちゃった。
タヌキ名人になれちゃった。、、、、というだけの話です。

この話のつまらなさは、本篇と全く関係なく、鈴木個人の、力によるものです。

本当にこのお芝居とは関係ありません。
あるとしたら、この文は鈴木が書き、お芝居の本編も鈴木がでるくらいです。

どうか皆様 お気になさらず、、

すみません。



頑張ります。
鈴木燦

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL