昨日はDVD撮影を兼ねた通し稽古をしました。

今日は初日です。

まるで旅行にでかける朝のようです。

 

三年ぶりの劇団新作。

今の私にできる精一杯を込めました。

御高評賜れたら幸いです。

 

はじめは、実父を描きました。

次に、実父から離れることを目指しました。

書き手の基点となったエピソードは、作品の台詞にはほとんど残っていません。

でも不思議なことに、より実父へ近づいた気がするのです。

 

「あるサラリーマンの死」本日開幕です!

 

横田修 拝

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL