名古屋に着きました。大阪へあと少し。

 

ここで改めて、今回のスペシャルゲストのご紹介をさせてください!

 

 

藤谷みきさんです!

・・・なんだか、お怒りのように見えますね、、、

「今更かよ!東京公演も終わっちゃったのに!!」とお叱りの声が聞こえてきそうです。もちろん、この写真は稽古中に撮らして頂いたものですから偶然なのですが、、、サボっててごめんなさい、、、

 

藤谷さんとの最初の出会いは、私が大学生の頃ですね。もちろん一方的なものですが、すでに活躍されてました。しっかり覚えているのは、青年団プロデュースの「夏の砂の上」(2003-2004年)です。私はすでに青年団を辞めてましたから、お話したことはなかったですが「すごい綺麗な人が出てる!」と思って。次が多分、山の手事情社の女優・水寄真弓さんと藤谷さん、そして演出の倉迫康史さんのユニット「zupa」だと思います。2007年頃でしょうか。「あ、居た!」みたいな感じで。

2014年に舘がOrt-d.dプロデュース「ケンゲキ! 宮沢賢治と演劇」『草稿・銀河鉄道の夜』で共演させて頂いて、これがめっぽう面白くて、2015年の再演札幌まで観に行きました。

 

ツラツラと書いてますが、要するに、私にとって「雲の上の人」だったんです。

そして今回、いよいよご一緒してみたら、お芝居も上手だしガッツがある上に面白いことにはとことん体も張る。漫画好きで、観に来たウチの親族とも気さくに写真だって撮ってくれる。小学生も中学生もグレた高校生も若奥さんもお母さんも、何やらせてもみんな可愛い。何なの?お化けなの?みたいな人であることを改めて思い知った次第です。

 

そんな素敵な藤谷さんが今回演じるのは、可愛い顔しておっかない、主人公の父の娘・真由。

必見ですよ。

大阪の皆さん、どうぞご期待下さいー!

 

横田修 拝

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL