タテヨコブログ!☆第34回公演「あるサラリーマンの死」☆
☆2018年3月7日(水)ー3月18日(日) ギャラリ・カタカタ(東京 )☆
☆2018年3月24日(土)ー3月25日(日) IKSALON 表現者工房 (大阪 )☆
☆作・演出: 横田修 ☆
☆出演: 青木シシャモ 市橋朝子 加藤和彦 舘智子 西山竜一 久行しのぶ(以上タテヨコ企画)
坂口修一 福永理未 藤谷みき 矢内文章( アトリエ・センターフォワード ) ☆

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
『あるサラリーマンの死』大阪公演チケット情報3月25日(日)8時現在 08:22
0

    『あるサラリーマンの死』大阪公演チケット情報

    ※2018年3月25日(日)8時現在


    IKSALON表現者工房協力

    IKSALON表現者工房ノワール杮落とし公演


    タテヨコ企画第34回公演

    『あるサラリーマンの死』

    作、演出:横田修(タテヨコ企画)


    【公演日程】

    2018年3月24日(土)、25日(日)

    25日(日)14:00▲


    ◯…チケットございます

    △…チケット残りわずかです、お急ぎ下さい

    ▲…チケットに関しましては劇団に直接お問合せ下さい


    ※受付開始・開場は開演の30分前

    ※上演時間:約1時間40分

    ※途中休憩はございません

    ※各回終演後、アフタートークがございます(20分程度)


    ・当日券の販売は現在調整中です。情報をお待ち下さいませ。

    (当日券は開演30分前より販売致します。ご予約のお客様優先のご入場です。当日券の方は5分前より客席にご案内させて頂きます。)

    ・当日券完売後はキャンセル待ちになりますので、当日券をお求めのお客様はお早めにご来場頂けたら幸いです。

    ・開演に間に合わない場合はお早めにご連絡くださいませ。

    【お急ぎの連絡先】

    080-3031-4929(担当:ひろせ)

    ・今回、開演後のご入場は、途中入場のタイミングに制限があります。またお席もお選びいただけません。

    ・お手洗いは2階に男性用1つ、男女共用1つ、女性用1つ、ございます。


    【大阪会場】

    IKSALON表現者工房ノワール

    大阪市生野区生野東2丁目1-27寺田町延三ビル1階

    (JR大阪環状線寺田町 北口から徒歩15分 三菱東京UFJ銀行を右手に見て直進。生野本通アーケードを抜けソフトバンクの角を左へ徒歩3分。)

    <アクセス>

    http://iksalon-hyogensha.com/access/

     

    【料金】

    前売/3,200円(日時指定・全席自由)

    当日/3,500円

    小・中・高校生500円

    大学生・専門学生2,000円 

    シルバー割引(65歳以上)3,000円

    *未就学児童の入場はお断りさせていただきます。


    大阪はIKSALON表現者工房の新スペース、『ノワール』の杮落とし公演となります。

    ぜひ、ご期待下さいませ。


    【詳細】

    タテヨコ企画HP

    tateyoko.com

    タテヨコ公式ツイッター

    https://twitter.com/tateyokokikaku

    【お問合せ】

    タテヨコ企画

    03-5374-8170

    お急ぎの方(当日のみ)

    080-3031-4929(担当:ひろせ)

    information@tateyoko.com


    【タテヨコ企画第34回公演『あるサラリーマンの死』感想等まとめ】

    togetter.com/li/1206372


    『あるサラリーマンの死』大阪公演

    アフタートーク開催決定致しました!!


    3月25日(日) 14:00の回

    ミン・ボッキ(劇団チャイム)様


    ミン氏プロフィール

    劇団'チャイム(차이무)'代表。演出家・脚本家・俳優・映画監督。ソウル演劇協会会員。

    2012年、第 12 回二人芝居フェスティバルで『浮気な 3 代』が人気作品賞受賞。

    IKSALON表現者工房主催の日韓DTMに参加。

    次回作は4月に韓国 大学路でロングラン公演を行った『コギ』日本版を演出し、大阪・東京で上演。

    http://iksalonhyogensha.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

    | 『あるサラリーマンの死』 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あるサラリーマンの死 -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://blog.tateyoko.com/trackback/1416807
    << NEW | TOP | OLD>>