1540056643953.jpg
長尾です。
さて、稽古もかなりの佳境でございます。微調整あり、まだまだ粘るところありの一日。
時間が過ぎるのが早いです。

タイトルにもありますが、今回のこのお芝居、僕が演じる上で嫌いなタイプのお芝居です。
…正確に言うと、嫌いだった。というべきでしょう。10年前の僕なら、確実に微塵もおもしろさを感じなかったでしょう。断言できます。

ただ、今は、こんなおもしろさとアプローチの仕方があるんやと、勉強の毎日。ホントありがとうございます、です。
僕の何かが変わって存在するように、『美しい村』の登場人物は、変わっていくもの、変わらないものにそれぞれが向かっていったり、逃げていたり。その中で生きている。
是非多くの方に観て、感じていただきたいです。

写真は劇団員、しのぶさん。集中して時間を過ごすと人はこうなります。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL