タテヨコブログ!☆第34回公演「あるサラリーマンの死」☆
☆2018年3月7日(水)ー3月18日(日) ギャラリ・カタカタ(東京 )☆
☆2018年3月24日(土)ー3月25日(日) IKSALON 表現者工房 (大阪 )☆
☆作・演出: 横田修 ☆
☆出演: 青木シシャモ 市橋朝子 加藤和彦 舘智子 西山竜一 久行しのぶ(以上タテヨコ企画)
坂口修一 福永理未 藤谷みき 矢内文章( アトリエ・センターフォワード ) ☆

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
祝・小屋入り 01:53
0

    深夜の更新で誠に恐縮です。

    今日(昨日ですけどね)、無事にIKサロン表現者工房ノワールへ小屋入りしました。

    濱崎賢二君の素敵な美術が立ち上がりました。いつもありがとう。無茶ばかり言ってごめんね!

    ここで紹介したいのですが、写真を撮り忘れました、、、ダメですね。

    坂口さんのブログに載ってます。よろしければそちらをご覧下さい!

     

    ギャラリーと劇場は違います。最初から分かってました。

    でも変な言い方ですが、今回の作品は大丈夫。むしろ一粒で二度美味しい、そんな感じになる予感がします。

    客席も埋まりつつあり、嬉しい限りです。

    大阪のお客様、どうぞご期待下さい!

     

    横田修 拝

     

    追記:唯一撮った写真がこちら。

     

    *ビルの入口の看板。まだ書き込まれていない、一階が今回の会場「ノワール」です(二階は楽屋)。

     

     

    早く帰ればいいのに、今夜も飲んでしまいました、、、

    まあ私は車なので飲めないんですけど。

     

    *左から、舘智子(出演)、坂口修一さん(出演)、七味まゆ味さん(柿喰う客)

     

    三階でアカズノマの稽古中の七味さんも一緒に。上機嫌(?)の坂口さんとは因縁の仲のようです。

    | 『あるサラリーマンの死』 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by タテヨコ企画 -
    『あるサラリーマンの死』大阪公演チケット最新情報3月22日(木)0時現在 01:04
    0

      『あるサラリーマンの死』大阪公演チケット情報

      ※2018年3月22日(木)0時現在


      IKSALON表現者工房協力

      IKSALON表現者工房ノワール杮落とし公演


      タテヨコ企画第34回公演

      『あるサラリーマンの死』

      作、演出:横田修(タテヨコ企画)


      【公演日程】

      2018年3月24日(土)、25日(日)

      24日(土)14:00▲/18:00△

      25日(日)14:00▲


      ◯…チケットございます

      △…チケット残りわずかです、お急ぎ下さい

      ▲…チケットに関しましては劇団に直接お問合せ下さい


      ※受付開始・開場は開演の30分前

      ※上演時間:約1時間40分

      ※途中休憩はございません

      ※各回終演後、アフタートークがございます(20分程度)


      【大阪会場】

      IKSALON表現者工房ノワール

      大阪市生野区生野東2丁目1-27寺田町延三ビル1階

      (JR大阪環状線寺田町 北口から徒歩15分 三菱東京UFJ銀行を右手に見て直進。生野本通アーケードを抜けソフトバンクの角を左へ徒歩3分。)

       

      【料金】

      前売/3,200円(日時指定・全席自由)

      当日/3,500円

      小・中・高校生500円

      大学生・専門学生2,000円 

      シルバー割引(65歳以上)3,000円

      *未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

      大阪はIKSALON表現者工房の新スペース、『ノワール』の杮落とし公演となります。

      ぜひ、ご期待下さいませ。


      【ご予約はこちら】

      https://www.quartet-online.net/ticket/iuxzuve

      ※ネット予約完売後は劇団に直接お問合せ下さいませ


      【詳細】

      タテヨコ企画HP

      tateyoko.com

      タテヨコ公式ツイッター

      https://twitter.com/tateyokokikaku

      【お問合せ】

      タテヨコ企画

      03-5374-8170

      information@tateyoko.com


      【タテヨコ企画第34回公演『あるサラリーマンの死』感想等まとめ】togetter.com/li/1206372


      『あるサラリーマンの死』大阪公演

      アフタートーク開催決定致しました!!


      3月24日(土) 14:00の回

      サリngROCK(突劇金魚)様


      サリng氏プロフィール

      劇作家・演出家。突劇金魚主宰。

      『愛情マニア』(2007)で第十五回OMS戯曲賞大賞を受賞。『金色カノジョに桃の虫』(2008)で第九回AAF戯曲賞優秀賞受賞。若手演出家コンクール2012で優秀賞受賞。『漏れて100年』が第57回、『少年はニワトリと夢を見る』で第62回岸田國士戯曲賞最終候補になる。

      東大阪の民家を利用したアトリエで3月23日(金)まで文学Barというリーディング企画と『少年はニワトリと夢を見る』の2本を上演中。

      http://kinnngyo.com/


      3月24日(土) 18:00の回

      七味まゆ味(柿喰う客/七味の一味)様

      七味氏プロフィール

      俳優・演出家。柿喰う客・副代表。七味の一味・主宰。

      2006年、柿喰う客の劇団化とともにメンバーとなる。以降、ほぼ全ての公演に出演。柿喰う客の国内ツアーや海外公演に積極的に参加する一方、蜷川幸雄、野田秀樹などの舞台にも出演する。

      2017年、七味の一味を開始。演出も手がけるようになる。

      次回作はNMB48の石塚朱莉がプロデュースする劇団アカズノマの旗揚げ公演『露出狂』で演出・出演。

      http://akazunoma.me/


      3月25日(日) 14:00の回

      ミン・ボッキ(劇団チャイム)様

      ミン氏プロフィール

      劇団'チャイム(차이무)'代表。演出家・脚本家・俳優・映画監督。ソウル演劇協会会員。

      2012年、第 12 回二人芝居フェスティバルで『浮気な 3 代』が人気作品賞受賞。

      IKSALON表現者工房主催の日韓DTMに参加。

      次回作は4月に韓国 大学路でロングラン公演を行った『コギ』日本版を演出し、大阪・東京で上演。http://iksalonhyogensha.blog.fc2.com/blog-entry-80.html


      | 『あるサラリーマンの死』 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あるサラリーマンの死 -
      『あるサラリーマンの死』大阪公演チケット情報3月21日(水)13時30分現在 13:59
      0

        『あるサラリーマンの死』大阪公演チケット情報

        ※2018年3月21日(水)13時30分現在


        IKSALON表現者工房協力

        IKSALON表現者工房ノワール杮落とし公演


        タテヨコ企画第34回公演

        『あるサラリーマンの死』

        作、演出:横田修(タテヨコ企画)


        【公演日程】

        2018年3月24日(土)、25日(日)

        24日(土)14:00△/18:00△

        25日(日)14:00▲


        ◯…チケットございます

        △…チケット残りわずかです、お急ぎ下さい

        ▲…チケットに関しましては劇団に直接お問合せ下さい


        各回残りチケットが少なくなってまいりました。ご予約お急ぎ下さいませ。


        ※受付開始・開場は開演の30分前

        ※上演時間:約1時間40分

        ※途中休憩はございません

        ※各回終演後、アフタートークがございます(20分程度)


        【大阪会場】

        IKSALON表現者工房ノワール

        大阪市生野区生野東2丁目1-27寺田町延三ビル1階

        (JR大阪環状線寺田町 北口から徒歩15分 三菱東京UFJ銀行を右手に見て直進。生野本通アーケードを抜けソフトバンクの角を左へ徒歩3分。)

         

        【料金】

        前売/3,200円(日時指定・全席自由)

        当日/3,500円

        小・中・高校生500円

        大学生・専門学生2,000円 

        シルバー割引(65歳以上)3,000円

        *未就学児童の入場はお断りさせていただきます。


        大阪はIKSALON表現者工房の新スペース、『ノワール』の杮落とし公演となります。

        ぜひ、ご期待下さいませ。


        【ご予約はこちら】

        https://www.quartet-online.net/ticket/iuxzuve

        ※ネット予約完売後は劇団に直接お問合せ下さいませ


        【詳細】

        タテヨコ企画HP

        tateyoko.com

        タテヨコ公式ツイッター

        https://twitter.com/tateyokokikaku

        【お問合せ】

        タテヨコ企画

        03-5374-8170

        information@tateyoko.com


        【タテヨコ企画第34回公演『あるサラリーマンの死』感想等まとめ】togetter.com/li/1206372


        『あるサラリーマンの死』大阪公演

        アフタートーク開催決定致しました!!


        3月24日(土) 14:00の回

        サリngROCK(突劇金魚)様


        サリng氏プロフィール

        劇作家・演出家。突劇金魚主宰。

        『愛情マニア』(2007)で第十五回OMS戯曲賞大賞を受賞。『金色カノジョに桃の虫』(2008)で第九回AAF戯曲賞優秀賞受賞。若手演出家コンクール2012で優秀賞受賞。『漏れて100年』が第57回、『少年はニワトリと夢を見る』で第62回岸田國士戯曲賞最終候補になる。

        東大阪の民家を利用したアトリエで3月23日(金)まで文学Barというリーディング企画と『少年はニワトリと夢を見る』の2本を上演中。

        http://kinnngyo.com/


        3月24日(土) 18:00の回

        七味まゆ味(柿喰う客/七味の一味)様


        七味氏プロフィール

        俳優・演出家。柿喰う客・副代表。七味の一味・主宰。

        2006年、柿喰う客の劇団化とともにメンバーとなる。以降、ほぼ全ての公演に出演。柿喰う客の国内ツアーや海外公演に積極的に参加する一方、蜷川幸雄、野田秀樹などの舞台にも出演する。

        2017年、七味の一味を開始。演出も手がけるようになる。

        次回作はNMB48の石塚朱莉がプロデュースする劇団アカズノマの旗揚げ公演『露出狂』で演出・出演。

        http://akazunoma.me/


        3月25日(日) 14:00の回

        ミン・ボッキ(劇団チャイム)様


        ミン氏プロフィール

        劇団'チャイム(차이무)'代表。演出家・脚本家・俳優・映画監督。ソウル演劇協会会員。

        2012年、第 12 回二人芝居フェスティバルで『浮気な 3 代』が人気作品賞受賞。

        IKSALON表現者工房主催の日韓DTMに参加。

        次回作は4月に韓国 大学路でロングラン公演を行った『コギ』日本版を演出し、大阪・東京で上演。http://iksalonhyogensha.blog.fc2.com/blog-entry-80.html


        | 『あるサラリーマンの死』 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あるサラリーマンの死 -
        明日は大阪小屋入り! 01:21
        0

          明日(もう今日ですが)いよいよ大阪会場へ小屋入りです。

           

          一足先に、IKサロン表現者工房ノワールを覗いて来ました!

           

          *舞台側から客席方向を撮りました。中央の開口がお客様の入口。

           左手に客席が一部できています。右手は搬入後に組み立てます。

           

          五階(ブラン)は白い壁。

          照明もLEDが主です。

          今回の会場である一階(ノワール)はLED一切なし。使い勝手は良いと思います。

          とにかく、デキタテホヤホヤで超キレイ!

           

          タテヨコ企画「あるサラリーマンの死」は、IKサロン表現者工房ノワールのこけら落とし公演でもあるのです。

          下見も兼ねて、お芝居を観に来ませんか?

          決して損はさせませんよ!

           

           

          横田修 拝

           

          追記:

          今日は突撃金魚の「少年はニワトリと夢を見る」を観劇しました。この作品を観るのは二度目なのですが、もうね。抜群に面白くて。サリngROCKさんの世界観、すごく好きなのです。24日(土)14時の回、アフタートークへお招きしました。ご期待下さい!

           

          *左:サリngROCKさん、右:横田

           

          客席に、赤星マサノリさん発見!

          坂口さんと二人芝居もしてる赤星さんは、映像やグラフィックデザイナーとしても引っ張りだこの人。俳優としても壱劇屋さんに出演したり、先日は映像投影パフォーマンス「世界宙がえり」 HEP HALLで上演したり。私は最初、映像のお仕事でご一緒したのですが、もうマルチすぎて何がなんだか分からないぐらい凄い人ですね。

           

          どうでも良い話ですが、大阪の知人で唯一、私の東京の自宅を知ってる人です(?)。

           

          *左から若旦那家康(大阪制作)、山田ひろゆき君(突撃金魚)、右:赤星マサノリさん

           

          | 『あるサラリーマンの死』 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by タテヨコ企画 -
          ゲストのご紹介ず筝修一さん 01:51
          0

            ゲストのご紹介、最後にご紹介させて頂くのは坂口修一さんです!

             

             

            打ち上げのお席で、ブログ紹介用に写真を撮らせて頂きました(無茶を言ってすみません、、、)

            いつも素敵な笑顔をありがとうございます!

             

            私の単身大阪暮らしは三年になりますが、坂口さんと出会ったのは、ちょうど1年程前だと思います。

             

            しかし、出会う前に様々な人からお名前を伺っておりました。そしてチラシを見てもポスターを見ても、坂口さんのお顔とお名前をよく見かけたのを覚えています。大阪の演劇界で知らない人は居ないのでは?それどころか今回の東京公演でも、マスコミを含めた多くの方達が坂口さんをご存じでした。そういえば最近まで、W3(ワンダースリー)公演で、去年の初夏から東京と大阪を行ったり来たりの生活をしているのです。関西屈指の俳優さんなのでした!

             

            出会ったのは、韓国の俳優であり演出家のミンボッキ氏(劇団チャイム)演出の「恋する三世代」です。男女二人の俳優で3世代の恋(三役づつ)を一気に演じるこの演目は、コメディとして最高な上に、観客との巧みなコミュニケーションが要求されます。すごく高度なことを観客に感じさせず、しっかり楽しませてしまう坂口さん。素直にすごいと思いました。

             

            HPに詳しいですが、一年間、毎週内容の異なる一人芝居「火曜日のシュウイチ」(2007年〜2008年)を連続上演したそうです。面白おかしく話してくれるのですが、きちんと毎週仕込みをして本番をしてバラシをして、その上、他に客演したりもしてる状況って、、、私には想像だにできません。

             

            大阪ですごい人と出会えました。

            そして今回、ご一緒できたことを感謝致します。

             

             

            坂口さんと一緒に作品を創って私が一番感じ入ったのは、その少年のような目です。どこまでも最高を求めるストイックな姿勢と共に、坂口さんを坂口さんたらしめているのが目じゃないかと私は思っています。

             

            そんな坂口さんが今回「あるサラリーマンの死」で演じるのは、主人公の父親(勇)の娘(真由)の夫、司です。

            コミカルで人間味溢れる演技にご期待下さい!

             

             

            ---

             

            今回お招きしたゲストの方々(坂口修一さん、福永理未さん、藤谷みきさん、矢内文章さん(アトリエ・センターフォワード)*順不同)は皆、組むのが初めての方ばかり。新しい事にチャレンジしたいと思いました。そして実際、沢山の力を貸して下さいました。篤く御礼申し上げます。

             

            3月24日(土)25日(日)、ついに劇団初の大阪公演です。

            ゲストの方々と共に、座組一同、全力で望みます。

            決して損はさせません!

             

            寺田町のIKサロン表現者工房ノワール(一階)で、皆様のお越しをお待ち申し上げます!

            本作品がこけら落としをつとめます!

             

            横田修 拝

             

             

             

            | 『あるサラリーマンの死』 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by タテヨコ企画 -
            『あるサラリーマンの死』大阪公演チケット情報3月20日(火)0時現在 00:13
            0

              『あるサラリーマンの死』大阪公演チケット情報

              ※2018年3月20日(火)0時現在


              IKSALON表現者工房協力

              IKSALON表現者工房ノワール杮落とし公演


              タテヨコ企画第34回公演

              『あるサラリーマンの死』

              作、演出:横田修(タテヨコ企画)


              【公演日程】

              2018年3月24日(土)、25日(日)

              24日(土)14:00◯/18:00◯

              25日(日)14:00▲


              ◯…チケットございます

              △…チケット残りわずか、お急ぎ下さい

              ▲…チケットに関しましては劇団に直接お問合せ下さい


              ※受付開始・開場は開演の30分前

              ※上演時間:約1時間40分

              ※途中休憩はございません

              ※各回終演後、アフタートークがございます(20分程度)


              【大阪会場】

              IKSALON表現者工房ノワール

              大阪市生野区生野東2丁目1-27寺田町延三ビル1階

              (JR大阪環状線寺田町 北口から徒歩15分 三菱東京UFJ銀行を右手に見て直進。生野本通アーケードを抜けソフトバンクの角を左へ徒歩3分。)

               

              【料金】

              前売/3,200円(日時指定・全席自由)

              当日/3,500円

              小・中・高校生500円

              大学生・専門学生2,000円 

              シルバー割引(65歳以上)3,000円

              *未就学児童の入場はお断りさせていただきます。


              IKSALON表現者工房の新スペース、『ノワール』の柿落とし公演となります。ご期待下さいませ。


              【ご予約はこちら】

              https://www.quartet-online.net/ticket/iuxzuve

              ※ネット予約完売後は劇団に直接お問合せ下さいませ


              【詳細】

              タテヨコ企画HP

              tateyoko.com

              タテヨコ公式ツイッター

              https://twitter.com/tateyokokikaku


              【お問合せ】

              タテヨコ企画

              03-5374-8170

              information@tateyoko.com


              【タテヨコ企画第34回公演『あるサラリーマンの死』感想等まとめ】togetter.com/li/1206372


              『あるサラリーマンの死』大阪公演

              アフタートーク開催決定致しました!!


              3月24日(土) 14:00の回

              サリngROCK(突劇金魚)様


              サリng氏プロフィール

              劇作家・演出家。突劇金魚主宰。

              『愛情マニア』(2007)で第十五回OMS戯曲賞大賞を受賞。『金色カノジョに桃の虫』(2008)で第九回AAF戯曲賞優秀賞受賞。若手演出家コンクール2012で優秀賞受賞。『漏れて100年』が第57回、『少年はニワトリと夢を見る』で第62回岸田國士戯曲賞最終候補になる。

              東大阪の民家を利用したアトリエで3月23日(金)まで文学Barというリーディング企画と『少年はニワトリと夢を見る』の2本を上演中。http://kinnngyo.com/


              3月24日(土) 18:00の回

              七味まゆ味(柿喰う客/七味の一味)様


              七味氏プロフィール

              俳優・演出家。柿喰う客・副代表。七味の一味・主宰。

              2006年、柿喰う客の劇団化とともにメンバーとなる。以降、ほぼ全ての公演に出演。柿喰う客の国内ツアーや海外公演に積極的に参加する一方、蜷川幸雄、野田秀樹などの舞台にも出演する。

              2017年、七味の一味を開始。演出も手がけるようになる。

              次回作はNMB48の石塚朱莉がプロデュースする劇団アカズノマの旗揚げ公演『露出狂』で演出・出演。http://akazunoma.me/


              3月25日(日) 14:00の回

              ミン・ボッキ(劇団チャイム)様


              ミン氏プロフィール

              劇団'チャイム(차이무)'代表。演出家・脚本家・俳優・映画監督。ソウル演劇協会会員。

              2012年、第 12 回二人芝居フェスティバルで『浮気な 3 代』が人気作品賞受賞。

              IKSALON表現者工房主催の日韓DTMに参加。

              次回作は4月に韓国 大学路でロングラン公演を行った『コギ』日本版を演出し、大阪・東京で上演。http://iksalonhyogensha.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

              | 『あるサラリーマンの死』 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あるサラリーマンの死 -
              ゲストのご紹介FCみきさん 21:10
              0

                 

                名古屋に着きました。大阪へあと少し。

                 

                ここで改めて、今回のスペシャルゲストのご紹介をさせてください!

                 

                 

                藤谷みきさんです!

                ・・・なんだか、お怒りのように見えますね、、、

                「今更かよ!東京公演も終わっちゃったのに!!」とお叱りの声が聞こえてきそうです。もちろん、この写真は稽古中に撮らして頂いたものですから偶然なのですが、、、サボっててごめんなさい、、、

                 

                藤谷さんとの最初の出会いは、私が大学生の頃ですね。もちろん一方的なものですが、すでに活躍されてました。しっかり覚えているのは、青年団プロデュースの「夏の砂の上」(2003-2004年)です。私はすでに青年団を辞めてましたから、お話したことはなかったですが「すごい綺麗な人が出てる!」と思って。次が多分、山の手事情社の女優・水寄真弓さんと藤谷さん、そして演出の倉迫康史さんのユニット「zupa」だと思います。2007年頃でしょうか。「あ、居た!」みたいな感じで。

                2014年に舘がOrt-d.dプロデュース「ケンゲキ! 宮沢賢治と演劇」『草稿・銀河鉄道の夜』で共演させて頂いて、これがめっぽう面白くて、2015年の再演札幌まで観に行きました。

                 

                ツラツラと書いてますが、要するに、私にとって「雲の上の人」だったんです。

                そして今回、いよいよご一緒してみたら、お芝居も上手だしガッツがある上に面白いことにはとことん体も張る。漫画好きで、観に来たウチの親族とも気さくに写真だって撮ってくれる。小学生も中学生もグレた高校生も若奥さんもお母さんも、何やらせてもみんな可愛い。何なの?お化けなの?みたいな人であることを改めて思い知った次第です。

                 

                そんな素敵な藤谷さんが今回演じるのは、可愛い顔しておっかない、主人公の父の娘・真由。

                必見ですよ。

                大阪の皆さん、どうぞご期待下さいー!

                 

                横田修 拝

                | 『あるサラリーマンの死』 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by タテヨコ企画 -
                そして大阪へ! 18:50
                0

                  昨日で無事、東京公演が終了致しました!

                  ご来場のお客様、誠に、誠にありがとうございます。

                  三年ぶりの本公演、色々なことがありますが、取りあえず横田は生きています!

                  まだ皆様とどこかでお会いできる日を楽しみにしておりますー!

                   

                  *東京打ち上げ。

                   この中に、田無市への愛が強い人が二人。

                   大阪の人がお二人(出演者含む)。

                   そしてなんと山口県から観に来て頂いた方が一人居ます!

                   

                   

                  私は現在、他のメンバーより先に青いマイカーで大阪へ爆走中でございます!

                  明日は大学の卒業式。今日は娘の中学の卒業式でした。

                  全く持って世界は留まることを知らずに進み続けています。

                   

                  週末にはタテヨコ企画も大阪へ。

                  初めてのことが沢山でドキドキですが、座組一同、とにかく突き進んで行こうと思います。

                  どうか優しくしてください!<大阪の皆様

                   

                  *静岡のパーキングで家康くんを食べました。美味!若旦那、待っててねー!!

                   

                   

                  横田修 拝

                   

                  追記:千秋楽のお客様

                     ほんと、私が写真を取ることができた極一部の方をご紹介します!

                   

                  *佐藤滋君(青年団)。KAKUTA時代から数えると長い付き合いですね。第三回公演「測量」(2001年)、カタカタ三部作「嘘つきと呼ばないで」(2007年)、「鈴木の行方」(2012年)に出演してくれました!爽やかな笑顔をありがとう!

                   

                   

                  | 『あるサラリーマンの死』 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by タテヨコ企画 -
                  『あるサラリーマンの死』大阪公演チケット情報 14:45
                  0
                    image1.JPG

                    『あるサラリーマンの死』大阪公演チケット情報


                    ※2018年3月19日(月)14時30分現在


                    IKSALON表現者工房協力

                    IKSALON表現者工房ノワール杮落とし公演


                    タテヨコ企画第34回公演

                    『あるサラリーマンの死』

                    作、演出:横田修(タテヨコ企画)


                    【公演日程】

                    2018年3月24日(土)25日(日)

                    24日(土)14:00◯/18:00

                    25日(日)14:00


                    ◯…チケットございます

                    △…チケット残りわずかです、お急ぎ下さい


                    ※受付開始・開場は開演の30分前

                    ※上演時間:約1時間40分

                    ※途中休憩はございません

                    ※各回終演後、アフタートークがございます


                    【大阪会場】

                    IKSALON表現者工房ノワール

                    大阪市生野区生野東2丁目1-27寺田町延三ビル1

                    (JR大阪環状線寺田町 北口から徒歩15分 三菱東京UFJ銀行を右手に見て直進。生野本通アーケードを抜けソフトバンクの角を左へ徒歩3分。)

                     

                    【料金】

                    前売/3,200円(日時指定・全席自由)

                    当日/3,500円

                    小・中・高校生500円

                    大学生・専門学生2,000円 

                    シルバー割引(65歳以上)3,000円

                    *未就学児童の入場はお断りさせていただきます。


                    大阪はIKSALON表現者工房の新スペース、『ノワール』の杮落とし公演となります。

                    ぜひ、ご期待下さいませ。


                    【ご予約はこちら】

                    https://www.quartet-online.net/ticket/iuxzuve

                    ※ネット予約完売後は劇団に直接お問合せ下さいませ


                    【詳細】

                    タテヨコ企画HP

                    tateyoko.com

                    タテヨコ公式ツイッター

                    https://twitter.com/tateyokokikaku

                    【お問合せ】

                    タテヨコ企画

                    03-5374-8170

                    information@tateyoko.com


                    【タテヨコ企画第34回公演『あるサラリーマンの死』感想等まとめ】togetter.com/li/1206372


                    『あるサラリーマンの死』大阪公演

                    アフタートーク開催決定致しました!!


                    3月24日(土) 14:00の回

                    サリngROCK(突劇金魚)様


                    サリng氏プロフィール

                    劇作家・演出家。突劇金魚主宰。

                    『愛情マニア』(2007)で第十五回OMS戯曲賞大賞を受賞。『金色カノジョに桃の虫』(2008)で第九回AAF戯曲賞優秀賞受賞。若手演出家コンクール2012で優秀賞受賞。『漏れて100年』が第57回、『少年はニワトリと夢を見る』で第62回岸田國士戯曲賞最終候補になる。

                    東大阪の民家を利用したアトリエで3月23日(金)まで文学Barというリーディング企画と『少年はニワトリと夢を見る』の2本を上演中。http://kinnngyo.com/


                    3月24日(土) 18:00の回

                    七味まゆ味(柿喰う客/七味の一味)様


                    七味氏プロフィール

                    俳優・演出家。柿喰う客・副代表。七味の一味・主宰。

                    2006年、柿喰う客の劇団化とともにメンバーとなる。以降、ほぼ全ての公演に出演。柿喰う客の国内ツアーや海外公演に積極的に参加する一方、蜷川幸雄、野田秀樹などの舞台にも出演する。

                    2017年、七味の一味を開始。演出も手がけるようになる。

                    次回作はNMB48の石塚朱莉がプロデュースする劇団アカズノマの旗揚げ公演『露出狂』で演出・出演。http://akazunoma.me/


                    3月25日(日) 14:00の回

                    ミン・ボッキ(劇団チャイム)様


                    ミン氏プロフィール

                    劇団'チャイム(차이무)'代表。演出家・脚本家・俳優・映画監督。ソウル演劇協会会員。

                    2012年、第 12 回二人芝居フェスティバルで『浮気な 3 代』が人気作品賞受賞。

                    IKSALON表現者工房主催の日韓DTMに参加。

                    次回作は4月に韓国 大学路でロングラン公演を行った『コギ』日本版を演出し、大阪・東京で上演。http://iksalonhyogensha.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

                    | 『あるサラリーマンの死』 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by あるサラリーマンの死 -
                    東京千秋楽! 12:41
                    0

                      昨日も大勢のお客様にお越し頂きました。

                      篤く御礼申し上げます。

                      東京最後の夜公演は、見切れてしまうお席も含めて、最大限にご入場頂きました。

                       

                      今回、お客様に「ウチの父親は、、、」といったお話を伺う機会が多くありました。

                      本当に、父親というのは不思議な存在ですね。

                      あと30年ぐらいして、私達が団塊の世代と同じ年頃になった時、同じことを感じるわけではないと思います。

                      でも多分、近いことは感じるのではないかと私は思います。

                       

                      Galeri KatakKatakとも今日でお別れ。

                      稽古も含めて2週間以上お邪魔しました。まるで引っ越しの気分です。

                      お世話になりました。今日の最後の舞台、しっかり勤めます。

                       

                      さて。来週は大阪です。

                      今回の舞台が関西の方々にどのように受け取られるのか。

                      どんな出会いが待っているのか。

                      ワクワクとドキドキが止まりません。

                      タテヨコ企画本公演、初の大阪上陸です。ご期待下さい!

                       

                      横田修 拝

                       

                      追記:ご来場のお客様

                      *左から、REAL-MAGICIANのRYOTAさん、坂口修一(出演)

                       

                      *左から、舘智子(出演)、太田善也君(劇作家/演出家)、横田

                       

                      *左から、櫻井ススム(ワークショップデザイナー)、横田、赤崟薺彁劼気鵝弊椎団・こまばアゴラ劇場 制作/俳優)

                       

                      *左から、大塚あかね(劇団員)、辻川幸代さん(ニュアンサー)、そぎたにそぎ助君(みどり人) 

                       

                      久し振りにお会いした皆様、またどこかでお会いしましょう!

                      | 『あるサラリーマンの死』 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by タテヨコ企画 -
                      << | 2/295 | >>