こんにちは。はるおです。

小屋入り2日目!

今日は場当たりとゲネをしました。

場当たりでは、久方振りにあるものを使用。本番で使うものなのですが、正直恐怖でした。世の中には面白い道具があるもんですね。たぶん見た目よりハードです。

根性で乗り切ります。

写真はそんな僕に安らぎを感じさせてくれた1枚。たぶん主宰のお子さん用です。

あ、あと11日(月)14:00の追加公演が決定したようです。



こんにちは。はるおです。

ついにアゴラ劇場に小屋入りしました。

おとといまではキラリ☆ふじみで稽古。今日からはアゴラ劇場を基点に千秋楽を終えるまで頑張ります。

舞台セットもあらかた立ち上がりました。ちょっと各自確認をおこないました。繰り広げられる芝居というかアクションは圧巻です。みんなかなり体張ってます。

今日は写真を取り忘れたので、おとといの帰り道で撮った貸し切りみたいな東武東上線車内の写真です。


こんにちは。はるおです。

今日もキラリ☆ふじみで稽古です。僕の生活圏から移動すること約2時間。毎日小旅行です。

今日は稽古場にマットが運びこまれました。

みんな大喜びです。



こんにちは。はるおです。

お久し振りです。初日が近付いて来てだんだん不定期になってきました。

さて、田上パルは今日から埼玉県にある「キラリ☆ふじみ」という劇場に場所を移して稽古をしています。

今日はキラリ初日ということもあり早めに劇場入り。ついでに前々からお願いしていたメインホールの見学もさせてもらいました。

運良くブラスバンド練習後の撤収の時間に遭遇。
生まれて初めて音楽仕様時の屋根と反射板の収納を見させてもらいました。
写真はその時の様子。明るい方が舞台客席側です。

じわーとゆっくりと電動駆動で収納されていく様はなかなか興味深かったです。



こんにちは。はるおです。

いやぁ、ついにようやく10回目となりました。本番終了までに何回更新できるのか楽しみになってきました。

今日の稽古場では本番で使う"あるモノ"が初お目見え、今まで聞いたりTVで見たことはありましたが本物を見たのはこれが初めて。
思ったよりもゴツくて、ビビりな僕は思わずヘタレ度全開になってしまいました。
だって怖かったんだもん。

さて、この"あるモノ"の正体はなんでしょう?

ぜひ確かめに劇場まできてください。

写真は先日おこなわれた衣装合わせの片付けの風景。
画面の奥の方で土田君が下着姿になってます。


こんにちは。はるおです。

10回目を目前に控え、思わず更新が遅れてしまいました。

でも、稽古はさぼっておりません。稽古開始前の時間はさしずめ肉体訓練場。己の限界に挑むべく、心身の鍛練に余念がありません。

僕も新たな境地に挑戦します。



こんにちは。はるおです。

iphoneがついに発売になりましたね。僕は相変わらず赤外線通信すらついていないレトロな携帯を使ってます。

それはさておき、写真は同期の共演者の一人、哲学者的な雰囲気をまとう菅原君です。

ひょうひょうとした見た目の裏側にはパンクロックな精神が潜んでいます。熱い漢(おとこ)です。





こんにちは。はるおです。

今日は自主稽古でした。でも、少しずつお芝居が出来上がってきているところ、気が抜けません。

『月の平均台』に出演してくださった土田君とはこの現場でもご一緒させていただいています。タテヨコの時と変わらず台本片手にお芝居のことを考えています。さすがです!!
前回が4月の後半から稽古開始だったので、田上パルの本番が終わる頃には約4ヶ月(1年の3分の1)間一緒だったことになります。こちらもすごいっすね。



こちら↑の写真は以前にご紹介させていただいた安村君。突然カメラをむけて撮ろうとしたら準備ができていないとかで顔の撮影にNGがでました。さすがセ◯ムのCMに出演されていた方は違います。
こんにちは。はるおです。

よくよく考えてみたら、公演情報がまだでした。
というわけで、田上パルの公演情報です。

鶴川春男、ついに、ようやくアゴラ劇場デビューです!!

ーーーーーーーーーー
田上パル第5回公演
『そうやって云々頷いていろ』
作・演出 田上豊

●あらすじ
お盆。
「我がふるさとは水に沈む」
そう知らせを受けた若者達は、慌てて田舎に舞い戻った。
いつもなら温かく迎えてくれるはずの生まれ故郷は、異様に生気を失い、殺伐と
したやる気のない雰囲気が漂っている。
どうした!ふるさとよ!同志たちよ!
さぁ、いざ反対運動でも始めるばい!
そんな勢い勇んだ訴えに準限界集落のこの村はビクともしない。
「ならば、分かった。村の存続を掛けていっそのこと村おこしをしよう。安心し
ろ、強力な助っ人ば連れて来たけんね!!」
今となっては心霊スポットとして有名な神社しかないこの村に、壮絶な村おこし
の夜が更けていく。

●出演
星野秀介
松高義幸
菅原直樹
安村典久
土田祐太
鶴川春男(タテヨコ企画)
平岩久資
堀善雄(ザ・プレイボーイズ)
植村宏司(パラドックス定数)

●会場 こまばアゴラ劇場
東京都目黒区駒場1-11-13
03-3467-2743

●公演日程
2008年8月8日(金)〜12日(火)
8日(金)19:30
9日(土)14:00/18:30
10日(日)14:00※
11日(月)19:30
12日(火)14:00☆
※10日(日)14:00の回、託児サービス実施。
お申し込み マザーズ
開場は開演の20分前、受付開始は開演の60分前

●チケット料金
前売 2,000円 当日 2,300円
☆…平日マチネ割引 前売・当日共1,800円
全席自由・日時指定・整理番号付き
芸術地域通貨ARTSもご利用いただけます。(ARTSとは、桜美林大学の演劇施設で
施行されている地域通貨です。1ARTS=1円)
●チケット取扱い・お問い合わせ
田上パル 090-4074-5395 http://tanouepal.com
(夏のサミット2008参加作品)

ーーーーーーーーーー

こんにちは。はるおです。

ワークショップも盛り上がってますね。発表会、拝見させていただく予定ですぜ。

さて、ところ変わってこちらは東京都と神奈川県の県境付近、田上パルの稽古場。

実は、僕、鶴川春男26歳が出演者の中で最年長なんです。
今まで、だいたいは最年少で過ごすことが多かったので、何とも実感がありません。

周りのパワーに負けないように精進します。

*本文と写真はあんまし関係ありません。