西山さんと藤崎

タテヨコ企画制作部です。
初日のチケット、完売いたしました。
後は、当日券のみ・・・
やったー!!
この調子で、たくさんの方に見ていただきたいです。
よろしく願いします!!!
客席つくってるとこ。
明日は初日ですから。



ぜひ、お待ちしております。
えーと、今日は場当たり記念の飲み会をやってるらしい。さすがに明日初日である。半分ぐらいしか行ってないはず。まあ半分は行くわけですが、、、

明日の初日。おかげさまで売り止め。満員御礼。
いよいよです。
千川の稽古場を離れていざ劇場へ。駅前劇場に仕事で来たのは何時依頼だろう?多分美術の仕事だ。不思議な感覚。仕込みは順調なよう。お疲れ様でした、皆さん。

えー今日は小屋入り記念の飲みで、明日は場当たり記念、明後日やっと初日飲みである。毎度のことながら全くうちの劇団員は、、、と思いつつチラリと顔を見せたら、美術のお手伝いの子一人と照明の鈴村さん+ぐっさんおよび制作の藤原さん以外のすべての関係者が飲んでた。よく芝居の打ち上げで使ってる庄屋の座敷が普通にいっぱいである。鈴木さん(グリング主宰)とブカンの田中翼さん(ツバップ)とさにょーる(俳優:佐野陽一)は焼酎のペースを競い合っているようだ。煽っているのは温太郎か藤崎か、、、さらに奥の方にある男机と呼ばれるテーブルだけ食料の減りが異常に早い。みどり、柳葉魚、西くん、さにょーる、たてちん、、、食い過ぎだろうよ普通にさぁ。たてちんなんて男机が似合っちゃうし、さにょーるなんか焼酎も飲んでて「食って飲んでオッケー!」てな感じだ。人気者なのか?つか全体的にどうなってんだ?初日前からなぜこんなにいい気持ちなのだ?

これも毎度のことだけど、座組に助けられてここまで来ました。
大感謝である。早く初日が来ないかなー。
ワクワクドキドキなのである。


はじめまして劇団員の佐藤真義です。ブログに登場するのは初めてです。

佐藤が出演する

スロウライダー第7回公演 『トカゲを釣る』

が始まっています。
今回は3/24〜4/2までのロングラン。

忙しいとは思いますがお時間があればぜひ。
後半は混むことが予想されるので前半にきていただけると見やすい席で見ることが出来ると思います。

詳しい内容にふれることはできませんがとても面白い作品になったと思います。
タテヨコとはまた違った雰囲気ですが楽しんでいただけると思います。


隠れるように住んだこのアパートも
窓辺から垂らした釣り糸も
僕がもらったあの「巨人」のことも
…この春がすぎれば、忘れてしまう。

こまばアゴラ劇場
26日15:00、★19:00
27月19:30
28火【休演日】
29水★19:30
30木★19:30
31金19:30
4/1土15:00、19:00
4/2日14:00、17:30
★は小作品上演あり。前売2500円
詳細は
http://www.slowrider.net
を見て下さい。
連絡お待ちしています。

佐藤真義

散歩道楽の太田さんに差し入れを頂きました

群がるハイエナたち

19日に写真撮影。
昼から稽古なので午前中に新宿から1時間半以上かかる場所へ朝9時半集合。
前日も23時迄稽古。閉口。この計画性の無さがタテヨコ企画というべきか。

折角ここ迄行くのだから何かしないと気が済まない。
色々調べてみるとなんと、朝9時から温泉はいれます、と。
駅から徒歩5分。
9時半集合だから、15分ははいれそう。
予定より45分早めの電車に乗っていった。

8時45分に現地に着き、駅の売店のおばちゃんに道を聞く。
階段降りて橋を渡らず道なりに。




多分この橋




道を歩いて行く




周りは山に囲まれ


ついた。
奥多摩松乃湯温泉『水香苑』

入浴料1000円とちょいと高いがこの際贅沢するしか無い。
しかし
カウンターに行き風呂に入りたいと聞くと、入れるかどうか聞いてきます、って。
たのむよー。
すると、大丈夫と温泉スナイパーの様な人が竹箒片手にGOサイン。
無事に入る事が出来た。

入ってビックリガラス張り朝湯。


思わずカメラ片手に入る



窓の下は多摩川


絶景かな絶景かな
一っ風呂浴びて撮影へ。
なかなか有意義な小旅行。




撮影の合間、散歩道楽のいしいせつこさん

看板とともに『かわい〜』と笑顔でおやじギャグを言うので。
急遽この作品がSKYPerfecTV!の『テアトルプラトー』という番組で放送されることになった。放映日は未定。決まったらHPにアップするので環境のある方は是非観てみてください。

池袋近くの稽古場を借りている。11時過ぎまで稽古をして打ち合わせをして川崎の自宅へ帰ると1時を軽く回る。車だからできる芸当だが運転中眠くて眠くて仕方がない。朝は普通に6時半起きだし寝不足ぎみなのだ。居眠り運転しないように、車の中ではだいたいCDに合わせて大声で歌うことにしている。信号待ちでふと視線を感じ、ヨコの車を見るとじっと見られたりしててとても恥ずかしい。がしかし眠いし事故るよりはマシなので気にせず歌う。ガンガン歌う。急に歌がうまくなったような気さえしてさらに歌いまくる。あー気持ちいい。だが横断歩道を渡っている歩行者に気がつかれると止める。不思議だ。


いい芝居ができてきた。間違いなく劇団の代表作になる。
是非多くの人に観てもらいたいものだ。







うっそっぴょーん

地下のスタジオなので、そとの光が入ることはありません。