はい

ダメでした

今日は戦場ヶ原を散策に行った日でもあります

写真は他の劇団員が載せています

正に紅葉のはじまり、緑の残る中であでやかな紅葉狩り
奥日光は本物でした
最近ブログ投稿が停滞していたのは、投稿出来なかったから
原因不明で困っていたのだが、目出度く判明した
携帯が変わり、画像が大き過ぎるのだ
しかし、サイズ変更する手段が無い
よって、写真無しで投稿するのだか、文章に特筆するところもなく、日記も三日もたない短所は短気の身としては、せめて興味のある物を添えて載せたい

せめて絵文字かな
タテヨコブログは対応してるのかな
アスキーアートかな
などとグズグズしていた

考えてもらちがあかないので、挑戦してみることにする


お題は、次回公演にちなんだものです
表示されたら御慰み

では



見られるかしら

菅間馬鈴薯堂稽古場日誌
菅間馬鈴薯堂稽古中です
舘、西山、藤崎、わたしと客演します
藤崎は明日から劇団一の会客演です
今日は後半小田さんの稽古
菅間さんが以前やっていた、卍、の役者さんです
大先輩の稽古を見られるのはとても楽しい
共演者の醍醐味味です
その後、もうひと方、大先輩、稲川さんとの稽古に気を吐く舘の姿も見ら
れたのですが、なんか焦点の合わなかった私は逆立ちをしました
上原と

早いもので天気図では梅雨入りの気配がチラホラな今日この頃
半月も前、公演開始辺りから日中急激に気温が上がり試行錯誤した衣装もどうやら季節莫迦となりかねないあつくてあつくて夜まで待てないとぼやきながらも2、3日で峠は過ぎて一安心
夜は寒いぐらいでした



写真は御蔵入りになったあかねのボツ衣装
『めいど』

二日目も終了し、残すところ明日のみ
横浜まで是非御来場下さい
まだお席に余裕がございますので、お待ちしています

ミズノオト・シアターカンパニーPLUS Produce
『枝わかれの青い庭で』
〜引用:ボルヘス著「トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス」〜
構成・演出 平松れい子 
日 時
: 2009年4月19日(日) 15:00開演

会 場: 横浜美術館 レクチャーホール
・JR/横浜市営地下鉄線桜木町駅【動く歩道】利用、徒歩10分  
・みなとみらい線みなとみらい駅「美術館口」徒歩3分

チケット: 前売り:3000円/当日:3500円

出演
下総源太朗
綾屋紗月(http://ayayamoon.blog77.fc2.com/)
三角みづ紀(http://blog.m.livedoor.jp/misukimiduki/index.cgi)
好宮温太郎(タテヨコ企画)
桑原滝弥(http://shijinrui.blogspot.com/)
加治慶三
プロデュース 三宅文子 
ミズノオトシアターカンパニーHP
www.notone.org


すべてではないあらゆる未来へ、
わたしの枝わかれの庭をゆだねよう。
時間に損なわれない中心を獲得するために。

アルゼンチン生まれの作家 ホルヘ・ルイス・ボルヘス
その文書は、別の文書へ無数に転送されていく
ハイパーテクストを先取りしている
ハイパーなボルヘスの文書を引用し また引用せず
ときに存在しないテクストの注釈や出典をつけつつ
《脳》《時間》《記憶》の網の目を描き出す
もうひとつのワールド・ワイド・ウェブ

主催 ミズノオト・シアターカンパニーPLUS
共催 エイブル・アート・ジャパン、横浜美術館
協賛 明治安田生命保険相互会社
協力 にしすがも創造舎
宣伝美術協力: 山下工美「まちのながめ」(所蔵:なんばパークス/南海都市創造株式会社) ・ 写真提供:アートフロントギャラリー ・ 撮影:森山正道


写真は建設途中の舞台、レクチャーホール

明日小屋入りです
本日最後の稽古場で通し稽古をしました
修正、方向の転換、様々な展開を広げながらの稽古もしながら
共演者の中に詩人が三人もいるという初めての現場だったりして、えらく新鮮です


その後共演者とご飯を食べに中華料理屋へ
食べ物半額セール中につき満腹の後の帰路
何故か中華料理屋が多いこの周辺
しかも安くてうまい
それは酒もススムといいたいところだが座組で唯一お酒を嗜む下総さんが都合で飲めずで私のみ
心苦しいのですが水餃子を食べながらちびちび飲ませていただきました

明後日19時開演です
御来場お待ちしています


ミズノオト・シアターカンパニーPLUS Produce
『枝わかれの青い庭で』
〜引用:ボルヘス著「トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス」〜
構成・演出 平松れい子 
日 時
: 2009年4月17日(金) 19:00開演
: 2009年4月18日(土) 18:00開演
: 2009年4月19日(日) 15:00開演

会 場: 横浜美術館 レクチャーホール
・JR/横浜市営地下鉄線桜木町駅【動く歩道】利用、徒歩10分  
・みなとみらい線みなとみらい駅「美術館口」徒歩3分

チケット: 前売り:3000円/当日:3500円

出演
下総源太朗
綾屋紗月(http://ayayamoon.blog77.fc2.com/)
三角みづ紀(http://blog.m.livedoor.jp/misukimiduki/index.cgi)
好宮温太郎(タテヨコ企画)
桑原滝弥(http://shijinrui.blogspot.com/)
加治慶三
プロデュース 三宅文子 
ミズノオトシアターカンパニーHP
www.notone.org


すべてではないあらゆる未来へ、
わたしの枝わかれの庭をゆだねよう。
時間に損なわれない中心を獲得するために。

アルゼンチン生まれの作家 ホルヘ・ルイス・ボルヘス
その文書は、別の文書へ無数に転送されていく
ハイパーテクストを先取りしている
ハイパーなボルヘスの文書を引用し また引用せず
ときに存在しないテクストの注釈や出典をつけつつ
《脳》《時間》《記憶》の網の目を描き出す
もうひとつのワールド・ワイド・ウェブ

主催 ミズノオト・シアターカンパニーPLUS
共催 エイブル・アート・ジャパン、横浜美術館
協賛 明治安田生命保険相互会社
協力 にしすがも創造舎
宣伝美術協力: 山下工美「まちのながめ」(所蔵:なんばパークス/南海都市創造株式会社) ・ 写真提供:アートフロントギャラリー ・ 撮影:森山正道



今回の公演は初めての横浜美術館はレクチャーホール
初めての場所は高揚感がうまれるものなのかしら

席には余裕があるのでふらりと来ていただいてもOKです
是非とも御来場下さい
お待ちしています


ミズノオト・シアターカンパニーPLUS Produce
『枝わかれの青い庭で』
〜引用:ボルヘス著「トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス」〜
構成・演出 平松れい子 
日 時
: 2009年4月17日(金) 19:00開演
: 2009年4月18日(土) 18:00開演
: 2009年4月19日(日) 15:00開演

会 場: 横浜美術館 レクチャーホール
・JR/横浜市営地下鉄線桜木町駅【動く歩道】利用、徒歩10分  
・みなとみらい線みなとみらい駅「美術館口」徒歩3分

チケット: 前売り:3000円/当日:3500円

出演
下総源太朗
綾屋紗月(http://ayayamoon.blog77.fc2.com/)
三角みづ紀(http://blog.m.livedoor.jp/misukimiduki/index.cgi)
好宮温太郎(タテヨコ企画)
桑原滝弥(http://shijinrui.blogspot.com/)
加治慶三
プロデュース 三宅文子 
ミズノオトシアターカンパニーHP
www.notone.org


すべてではないあらゆる未来へ、
わたしの枝わかれの庭をゆだねよう。
時間に損なわれない中心を獲得するために。

アルゼンチン生まれの作家 ホルヘ・ルイス・ボルヘス
その文書は、別の文書へ無数に転送されていく
ハイパーテクストを先取りしている
ハイパーなボルヘスの文書を引用し また引用せず
ときに存在しないテクストの注釈や出典をつけつつ
《脳》《時間》《記憶》の網の目を描き出す
もうひとつのワールド・ワイド・ウェブ

主催 ミズノオト・シアターカンパニーPLUS
共催 エイブル・アート・ジャパン、横浜美術館
協賛 明治安田生命保険相互会社
協力 にしすがも創造舎
宣伝美術協力: 山下工美「まちのながめ」(所蔵:なんばパークス/南海都市創造株式会社) ・ 写真提供:アートフロントギャラリー ・ 撮影:森山正道


写真は
共演者才気溢れる若き詩人ズッキーニ
満開の西巣鴨にて

舘はKAKUTA、私はミズノオトシアターカンパニープラス稽古中です
舘は本番ですね
是非御来場下さい
改訂版ということでさらに楽しそうな感じ

こちらはあと、約二週間、17〜19日、金土日公演に向け鋭意稽古しています
横浜美術館はレクチャーホールで、勿論初めての場所
いい椅子揃えてお待ちしています
是非御来場下さい

写真は
固定の稽古場近くの五分咲きの広場と桜よりも色付いている提灯

菅間馬鈴薯堂『同行二人』公演終了しました
御来場ありがとうございました
タテヨコでは見られないタテヨコ勢、堪能していただけたでしょうか


私あつたろうは4月17日〜19日横浜美術館でミズノオトシアターカンパニープラスというところで客演です
こちらもお待ちしています


写真は鮫島仁さんの楽屋です


あつたろうです
じっこきてー
竜ちゃんとばか大将と待ってます


かつて卍という劇団を主宰していた菅間勇さんの菅間馬鈴薯堂(すがまぽてとどう)に18日から客演します
タテヨコ企画からは藤崎、西山、私、そして先日タテヨコに客演していただいた小高仁さんも出演します

タテヨコの面々も稽古場見学に来ていたり

明日は王子小劇場入り
初日に見に来ていただけると嬉しいです
損はさせないので、お待ちしています


菅間馬鈴薯堂
2009年、春の第23回公演「同行二人」-ひとりでは淋しすぎて・V-
ちっとも売れない演歌歌手・影山ザザ・シリーズ 最新作!

公演日程
2009年 3月18日(水)〜22日(日) 5日間計6回公演

開演時間
18日(水)19:30
19日(木)19:30
20日(金)19:30
21日(土)15:00/19:30
22日(日)15:00
開場時間は開演の15分前

上演時間
1時間20分(途中休憩無し)

劇場
王子小劇場
TEL・FAX / 03-3911-8259公演期間中楽屋直通
TEL / 03-3911-8142
東京都北区王子1-14-4 B1F(王子駅下車2、3分)
地図
http://www.en-geki.com/map.html
チケット
前売り 2,500円 当日 2,800円  学生割引(中・高・大)1,500円

台本・演出
菅間 勇
照明
石田道彦・吉嗣敬介
出演
稲川実代子・瀬戸口のり子・泉麻子・瀬上摩衣・遊佐絵里(成城納言)
小高仁・好宮温太郎(タテヨコ企画)・藤崎成益(タテヨコ企画)・西山竜一(タテヨコ企画)・

協力
タテヨコ企画・HUSTLE MANIA・龍前正夫舞台照明研究所・マーク義理人情 ・王子小劇場

菅間馬鈴薯堂HP
http://sgmp.hp.infoseek.co.jp/