高校生との芝居作りはとても楽しい。日頃の先生の指導がいいからとても前向きである。後ろ向きはいけない。何も始まらない。もちろん、先生に見せない顔もあるだろう。なんたって高校生だもの。でも、それにしても総合学科の表現系列である。ちゃんとお芝居しようと思ったら、どうしたって人としてキチンと向き合う必要があるわけで、だから普通科の高校なんかと比べたら、先生と生徒の距離はとても近いと思う。そんな状況の中での日頃の先生の指導。偉大である。恵まれてるなぁ、高校生。うらやましいぞ。演出をする身としても、これほど勉強になって面白い現場はない。最後まで全力で向き合いたいと思う。

えーそして「春のズボンと秋のブラシ」の稽古。いい感じだ。カユいところをハジからつぶしていく作業。結局のところ、これの繰り返しなんだよね、演出なんて。でもときどきどうしてもカユみが取れない場所があり、そこであーだこーだ粘っていると想像以上の何かが生まれたりする時があり、あーだから芝居はやめられないんだなぁと思ったり。

あ、あと全然関係ないけど、ぬま(【散歩道楽】俳優:飯沼由和)はどうしていつも飲みに来てるの?つらいことでもあったのか?

----------------------

福島県立いわき総合高校・総合学科・表現系列2年次生アトリエ公演
「陽だまりの猫」
作/金井博美 構成・演出/横田修
期日:2006年2月25日(土)26日(日)14:00〜(両日共)
開場:高校内アトリエ
料金:入場無料





こんばんわ!
こちらには初登場、はっとりです!
みなさん、クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!をご存知ですか。
いっつみーの掛け声、懐かしい。。野沢直子が好きでした。
検索したら、こんなページ見つけました。
あの頃は、中学生だったのか?

ああ、ぜんぜん関係ないことを書いてしまった。

逸見さんの声とかは覚えているのに、
番組のVTRとかで顔が出ると、
「こんな顔してたっけ、いつみさん?」
とか思う。いっつみー。

春のズボンと秋のブラシ。
みなさまの記憶に残る舞台になりますように。


今日の稽古はラストの辺り。

以上。

稽古場日誌なのですが、あまり書く事が見つからなかったのですいません。

稽古後↓

最近恒例の写真撮影風景。
今日は制作【ДаДа】のお二人が稽古場に来てくれました。
稽古後、我らが心の故郷「竹の子」へ。


大漁の、そしてものすごく美味なお刺身を前にご満悦な二人。
上。藤原さとかん。
下。森森もりっち。
もうすぐ早割り。
がんばろーーー!!!
今日は、市橋が稽古場に来て、雑巾を縫ってくれました。(これだけ書くと、なんのこっちゃわかりませんね。。。なちえの日記参照。)

その後ろでのんべんだらりとねっころがっているのは藤崎です。

なぜか微妙な顔でカメラを見つめるアユミックス。(勝手に名づけたあだ名。鈴木歩己さん。)

そしてそしてやっぱり飲みの席!!

久しぶりの西山しぇんしぇい登場!!
しろたんとぐったりしているの図。
毎週、日曜日。

稽古場には福島みやげが届きます拍手

来週は なんだろ〜う♪

   
餡子をしそで巻いたお菓子でした。
劇団員の中尾祥絵です。
今回はトリプルで出番があったり無かったりします。
みんな3回観に来てね!

よっくさんの福島みやげを食べる、たかむ。

水戸の梅。しその葉が巻いてあって美味しーい。
水戸を代表する銘菓らしい。


朝さんは小道具の雑巾をぬっています。手縫い!!雑巾だけどなにか暖かく感じますね。不思議。。。。『すくすく』のバーバパパ&ママも実は朝さんの汗と涙の賜物なんですよ。


藤崎さんはチケット予約フォームを何やらやっているみたい。。。
大変そうです。足も大変そうです。無理しちゃいけませんよ。

稽古は山場のシーンをやっていました。
明日はラストらしいです。。。
呑みの話ばかりと指摘を受けたので稽古場での話をします。
先日稽古をしていると、宿の話なのでゆったりしていますが、
「インフルエンザだったみたいですね」
と最近医者に言われた、最近改名した青木柳葉魚(ししゃも)が体調芳しくない様で、稽古が止まったとき頭を抱えてゆったりしていると、辺はモヤが出始め雷鳴が轟く一瞬の後、頭から噂のインフルが抜けていくのが見えましたのであわててカメラを構えシャッターを切った次第であります。

Ectoplasm
※クリックすると大きくなります。

確かに移っています写っています。ナイスカメラワークでした。
でもあんなに大量に中身が出ちゃってどうなるのかな。
たぶん中身はこんな感じ。


ふと見ると、諸事情で稽古が最近からの参加となった佐藤幾優(いくま)氏は私の横で倒れていました。

横臥
i'm tired


そんな中中尾さちえはPCで作業中。
PC
マイペースです。


西山棟梁もハッスルしてます。
りょう
佐藤幾優氏とのワンシーン

ところで、なぜ棟梁か。
それは、bar&kitchen Kannaを作ったからです。
私も手伝いしました。命がけでレンガ切ったりはったり、床板貼ったり。呑んだり食べたり展示したり。

そんな稽古場いまそがり。

ついさっき福島着。いわき総合高校の本番がいよいよ来週に迫ってきた。正念場。みんながんばろう。

先週も今週も福島行きの終バスに乗る前に芝居を観た。先週は「柿喰う客」の『親兄弟にバレる』。下ネタばっかなんですが、あそこまで徹底してると後半は慣れてきて下ネタじゃないと物足りなくなるから不思議。まあ好き嫌いあるだろうけど僕はかなり好きです。

そして今日は「田上パル」プロデュース『報われません、勝つまでは』を観た。熊本のとある高校のハンドボール部が舞台の汗臭い男芝居なんだけど、もの凄い面白かった。旗揚げ公演でこれじゃあ、これからどうなるのか想像もできないよ。本も俳優も演出も将来性ばっちり。次の作品が楽しみだよ全く、、、今週末までやってるのでお時間ある方は是非観てください。

「柿喰う客」と「田上パル」、共通点はニオイだろうか。別に本当にくさい訳じゃない。なんちゅーか、泥臭くって人間くさいのだ。僕も人のそういうところに惹かれるし、そんな芝居を作りたいと思ってる。


ときに、このブログって稽古場日記のはずなんだけどほぼ飲み会のことしか書いてないですね。まあいいんだけど。サプライズパーティー、、、僕は劇団で一度もされたことがありません。それどころか誰かのサプライズがあるよってことすらあまり知らされないことが多くて関係ないのに勝手に驚いてたりして、ま、これも一種のサプライズと言われればそれまでなんですが、ちょっと違うと思うのです。

「春のズボンと秋のブラシ」の稽古はとても順調です。戯曲もそんなに長くなくてシンプルだから、分かりやすいのかも知れない。早く通しをしたいもんだ。



交尾中のかえる

稽古場の前の道路を、のそのそと歩くやつら

しかも、デカっ!

かえるのクセに歩いてるよ。。

って近づいたら・・・

1匹じゃない!2匹!!

重なってるじゃん!

  ・・・

フツーに歩いてるけど、

写真を撮る時は、停まってくれる

後からやってきた、たてちん

「やだあ〜きもちわるい〜」

稽古場に入ろうと門を開けようとすると

「こっちにも、いる〜」




なんで?


なんで?こんな都会で?そんな時期?

二組とも?????


車に轢かれないようにネ。




でも、交尾してるって思いこんでたけど、
そもそも、本当にそうなのかしら・・・?