藤崎成益です。しつこいようですが、『しげやす』です。覚えて頂けたらこれ幸い。

さてさて、そんなことは置いときまして、本題の稽古場日誌でございます。冬本番、どんどん寒さが厳しくなっていく今日この頃ですが、それに反比例するかのように熱気が増していく最近の稽古場。

写真は休憩時間にここぞとばかりに打ち合わせやら、話し合いやら、セリフ確認やら、段取り確認をする人たちです。

この座組で面白いものが作れないわけがないと、信じて疑わない、わたくし藤崎であります。

サァ、皆の衆!

本番まで突っ走りましょうぜ!

今、稽古場は、ぐらぐら揺れてます。
役者がどんどん揺れてます。
みんなが揺れて、揺らされて。

そんなこんなで、毎日、稽古して、飲んで、バイトして、稽古して、飲んでたら、気がつくと、もうすぐクリスマスでした。

こんなにクリスマスを忘れてたことはないかも。
。。。。

いっそ、クリスマス、気がつかないかも。。。。

今年も残り僅か。

年末まで、突っ走ります☆

ちなみに、写メール右は、若干、長介づらの、朝子さんと、左は最近、みんなの物まねを飲み屋でちょこちょこ披露する、ちゅうりさん。

稽古場、めっちゃ、寒いです。
遊びに来る時はあったかくして来て下さい☆


稽古場に現れた代田正彦(北区つかこうへい劇団)。今回のタテヨコには参加していないけれども役者として舞台上の常連。或いは酒場の常連。

稽古を覗きに来てくれる方々があればありがたく口実大義名分(笑)、酒場へは連夜のことである。

今夜こそは終電を逃すまいと決意を新たにしたものの、これまた連夜決意していることなのであえなく崩れ去る決意の新たであるとは悲しくも承知。また来ます、と代田が帰ったその後も焼酎のボトルがやって来て決意も新たにさらに呑む。

そしてタクシー。そしてちゅうり亭。なおも酒。日常。

因みに一昨日深夜のちゅうり亭にはこれもまた北区つかこうへい劇団の吉田学が乱入してきたことをわざわざお知らせするとして12月20日土曜日の稽古後日誌とさせて頂く。

@ちゅうり

いや、違う。


正確には、


「毎日飲んでいる」(笑)


タテヨコの輩たちは。


すごすぎる。


こやつら。


本当に毎日飲んでいる。


朝までとか飲んじゃったりする。



いつセリフ覚えてるんすか!??


気になるぜ・・・


ほんと、すげー。


みんな、ええ味出しとる。


個性派揃いだ。


おもろすぎる日々。


楽しいなぁ。



勝平ともこ

あれっ?、藤崎さん?!



毎日寒くてイヤになりますね。

登場が遅くなりました。横田です。

今回の「アメフラシザンザカ」は坊主シリーズの最新作なのですが、
うちとしてはかなり挑戦的な作品として鋭意作成中です。とはいえ、
前作の「月の平均台」とはある意味全くの正反対の方向へ進みます。

雲水達は相変わらずバカばかりですが、今回の相手の妖怪にしても、
ファンタジーなイメージでは断じてなくて、ぼくなりの妖怪感(?)
を演劇的に捕らえ直す作業を地道に繰り返す中から立ち上げてます。

しかし、なんですかね妖怪って。

いろんな本を読んだりサイトを見たり鬼太郎を見たりすればする程、
人それぞれの妖怪だらけでもうお腹いっぱいです。果たして雲水達、
無事戦いを終えることができるのか。そもそも戦いって何なんだよ。
潮騒ばかりの村の寺を舞台に、俳優の持つ精神と肉体を手がかりに、
いまだ誰も行った試しがないが、しかし突然ふと誰の脳裏にも蘇る、
そんな故郷を描き出したいと思います。


劇団一の会のアトリエをお借りしての稽古も馴染んでまいりました。
正月を挟んで小屋入りまでお世話になります。



写真は酒と音楽をこよなくアイスちゅうりさん
昭和43年の新聞紙にくるまった徳利やおちょこを沢山小道具提供してくれて
しばし新聞にくぎづけの巻

今日は…

夏のワークショップ参加の龍田さんと比佐くんが見学に来てくれた♪

稽古後、妖怪役たちの芝居会議を終えた作演出の横田さんが
珍しく飲み場にもやってきた

珍しく愚痴も言う

必要必要

芝居作りには関係ないとか言い聞かせつつ
舞台以外の場所での見聞したことや感じたこと
それぞれの立場の社会性を保ち
家族を恋人を支え支えてもらい
いろーんなコンディションでそれでもおんなじ作品の中の時間を生きて行く

舞台の外でたまには関係ないことでも言っみるもんだ

つながってつながって

それぞれの困難や障害が触れ合い動き出すものを
もっともっと拾ったり出せればいいな

作演出はただ一人だし貴重なフィードバックの時間を持てた

また向かうのが楽しみ

とにかくワンズスタジオで立て込み稽古させてもらえて
ググっと稽古が面白くなってきて私も毎日ちょっとイリュージョン

市橋朝子



面白い答えをすると座布団がもらえるシステムです。
10枚貯まると、思わずワクワクしてしまうギラギラのアレがもらえます。
ちゅうりさんはあと4枚。

では、Y田くん、皆さんに例のものをお配りして――


柳葉魚

はじめまして!
青年団の堀夏子と申します。
タテヨコ企画、初参加です。

そして今回、今までに無いタイプの役です。楽しみ。

写真は同じ桜美林出身の鶴川春男くん。
休憩時間に台本を読む姿をキャッチ!
…同い年なんだから、そろそろ敬語やめてね(笑)


ほど好い緊張感の中、色んな人が体も心もぶつかり合って、賑やかで楽しい現場です。

早割期間、明日までです!
是非!


堀夏子

じょじです。
羨ましいと思う人から、かわいそうだと思う人まで色々な人が居て楽しいです。
上手な芝居が出来る様に頑張ります!
上手になりたい!!