はじめまして、龍田知美です。
でもブログ登場は2度目になります。
去年の夏にワークショップを受けました。
(あった!→http://blog.tateyoko.com/?month=200807&page=3)
とはいえ、公演には初参加です。ドキドキです。
そして、参加する人は通るという洗礼、あだ名、つけていただきました。
ついたあだ名は、たったとぅん(あいまい!)
ありがとうございます。

わたしが、はじめてタテヨコ企画をみたのは一昨年のギャラリー公演「うそつきと呼ばないで」なのですが、夢を見ているように物語が進み、いつのまにか終わっていた、という感じでした。観終わった後はとても元気になっていました。
夢を見ているようだったのは、いつの間にか没頭していたからだとおもうのですが、知らず知らず懐に入り込まれていた感覚は、不思議な体験でした。
あの、差し込まれた感じはなんなのだろうと、今回参加しながらも探っているのですが、ぜんぜん上手く言えないのですが、今回もたぶんそんな感じになるんじゃないかと思います。
お客さんとしても観てみたいです。

日に日に物語が奥深くなっていきます。
昨日は、登場人物のほとんどがゲイ?疑惑がでてきました。
さて本番ではどうなっているのでしょう。
いろいろな解釈があるものです。ふむふむ。




写真は稽古中の藤崎さんと奥に佐藤幾優さん、手前は召田実子ちゃん
藤崎さん、よく見ると頭になにか貫通してますよ!





---------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

横浜での客演の後タテヨコ稽古は20日から合流しました
私が一番最後の参加でようやく全員集合
台本の改変が多いらしくまだ手に持ちながらの人もちらり
私は比較的二人のシーンが多い、っていうのと関係あるのかないのかわかりませんが、以外とサクサク入るものですね
横浜では台詞が百科辞典というのはなかなかたいしたものでした
しかし固定の稽古場とはいいもんです
今はあちらこちらで稽古して、今も中途半端なカーブに作られた駅に停まりながら、なんだか小旅行気分
横浜もプチ旅公演だったけど
もう間もなく固定の稽古場で立て込んでの稽古がはじまります


写真は稽古場風景


と、言うか、



『チッ』



って、どういうことなの、佐藤幾優君


あつたろうより

boku-makuhari佐藤幾優です。
いつのまにか4たびタテヨコ参戦、よろしくお願ひします。

4/20月曜、これで自分も合流して一週間、といふことになります。で、稽古はあたまからやってってこの日から二巡目、また冒頭から、といふことにはなるのですが。
内心オロオロしてたりもしたこの一週間。自分は大体一巡目の半分位から合流のため、因果が因果が……モノの位置だの気持ちの流れだの、これはこのときかうなってゐるらしい???といふ見当で、ひやひや、度胸のハンドリング(別名、その場合はせ)する日々。
そんなこんなでやっと順番にはじめからできることになり、やってったことがそのままあとへつながるこの安心感、といふのはあります。あと一週間弱、プレ公演までにはなんとか周りに追ひつきたいところです。
そんななか「最後の男」好宮温太郎さんがこの日から合流。このお人もさすがに周回遅れ的なことになるのかと思ひきやあんまりそんなそぶりもなくチッ、といふ感じ。貫禄十分。

今回の作品は、せりふの聞こえ方が、なんだか線香花火の火花があちこちでちりちりはじけてるやうな印象で。安定させないままコンスタントにできるやうにがんばります。

そしてそして。
この日、まさかこんなに早く現場でご一緒させていただけるとは思ってゐなかった東京タンバリン瓜生和成さまからなんと!ジャケットをいただいてしまひました。
サイズの関係でもう着ないから、と。
イキですね。
これはうれしい♪着れば自分の演技ももうちょっとましになるでせうか。
この場をお借りしてあらためてお礼を申し上げます。

接写!召田実子!


こんばんわ。
「フラミンゴの夢」から早幾年幾月、東京タンバリンの瓜生和成です。
ふたたびタテヨコ企画に参加させていただきます。
しくよろ。
タテヨコ・夜まで待てない・読瓜ダイアリー(tYYYd)を不定期更新させていただきます。よろしくしく。


本日もどっぷり一日稽古。
春の日曜日。
ようやくラストシーンまでたどり着きました。
まだまだまだまだ!
「フラミンゴ」より少しは成長してるはずですのでね、僕も。
油断せず突き進むですよ。



さて
初共演&稽古場からの帰り友達の召田実子さんの
お父様の名前はヨシミさんと言います。
お母様はミエコさん。
一番上のお姉さんがコズエさんで
二番目のお姉さんはエツコさん。
三番目がお兄さんでコウジさん。
んで 四番目が ジツコ。



すごいね!
召田ペアレンツのセンス!



「夜まで待てない」は家族の物語です。
召田家に負けない 素敵な物語にしたいです。


明日から横浜で公演を終えた温太郎が参加。
全員集合です。
まずは僕らがWAKUWAKUしますので
来月は 皆さんもWAKUWAKU観にきてね。

叩けよさらば開かれん!

これはなんだったか。中学生くらいからの座右の銘だったりする藤崎です。

KAKUTAが終わり合流した舘。そして佐藤いくま氏も公演が終わり合流。写真の人です。

来週にはこれから本番のあつたろうも合流して全員集合。銀座へ向かって歩き出します。

大人の街にタテヨコ企画。緊張しますな。

お久しぶりです!

と言っても分からない人のほうが多いかとは思いますが

「夜まで待てない」から、復帰させていただくことになりました。

皆さん、

よろしくお願いします!




舘野完


稽古場にはお馴染みのNever Lose片山雄一が顔を出してくれたのですが横田との密談(笑)に去ってしまわれまして、また私はとっとと歩いてしまった勢いのまま小田急線車内の人となってしまいまして、そんな訳で写真は同道の二人。西山の至近距離と背景に甘んじる服部であります。

まだまだ台本を読み込んでいこう、いう段階ではありますが来週には他団体の本公演を終えて合流のキャストもおり、しっかりと見据えるところは見据えて参ります♪

呑みに行ったであろう本隊(?)とは別に只今地元に帰りつきまして、さて、こちらはこちらで呑んだものかどうしたものか、、、


☆ちゅうり☆

舘さんが出演しているKAKUTAで、受付のお手伝いを何度かさせて頂いてますあかねです☆

写真は票券の宮崎さん。今回のKAKUTAに合わせてちょっぴり恐い感じで写って下さいました(^-^)

本日夜のポストパフォーマンストークには横田さんが出演です!!今日はタテヨコの日ですね♪♪ぜひぜひご来場下さいませ(・ω・)

『夜まで待てない』の宣伝もよろしくお願い致しますね!横田さん∵・∴・★

KAKUTA朗読×演劇、二作同時上演

KAKUTA Sound Play Series 「朗読の夜」#5
『帰れない夜』
読本:井上夢人「あなたをはなさない」
小池真理子「生きがい」
朱川湊人「昨日公園」
田口ランディ「縁切り神社」
    ×
KAKUTA蔵出し公演 桑原裕子処女作品〜「とまと2001」改め
『さとがえり』

ふりかえる、よみがえる、帰れない日を知りながら。
〜「帰る」をテーマに贈る、KAKUTAの原点回帰公演〜

脚本・構成・演出 桑原裕子
2009年4月4日〜12日
@ザ・スズナリ

4月8日(水)14:00(帰)☆/19:30(さ)★
4月9日(木)19:30(帰)
4月10日(金)19:30(さ)
4月11日(土)14:00(さ)/18:00(帰)
4月12日(日)15:00(帰)

帰…『帰れない夜』/さ…『さとがえり』
☆…サービス公演/★…ポストパーフォーマンストークあり

■前売3200円/当日3500円(日時指定・全席自由)
■サービス公演2800円(前売・当日とも/KAKUTAのみ取扱)
■『帰れない夜』と『さとがえり』、ニ作品同時購入で400円割引!!!
http://www.kakuta.tv/gohome/
携帯から http://www.kakuta.tv/k/

※当日券は開演の1時間前より発売予定(前売券売り切れの回を含む全公演)です。

チケットのご予約はinformation@tateyoko.comまでm(_ _)m



方言を用いるか否か

運命の分かれ道だった瞬間の写真です

本日配役が決定しました!

本読みを丁寧に

みんなで見解を共有していきます

ゆっくり船が動き出すようです
いい波にみんなたくさん乗れますように!!

どうぞよろしくお願いします!

市橋朝子


伸びてきた髪の方向性をどうしたものかと思案中の藤崎です。

昨日は台本の読み合わせをし、一部を除き配役も決定。それぞれに個性的な組み合わせができあがりました。

今日は、まさに今本番中の舘と客演先で稽古中の好宮も参加して、ほぼ全員が揃う稽古です。

久々のギャラリー公演。そして初めての銀座のギャラリー。素敵なギャラリー。カタカタとは趣の違う場所との出会いは、新たな刺激がビンビンな感じです。

ゆったりとした贅沢な時間を過ごせていただけたらなぁと思いながら稽古に励んで参ります。是非楽しみにしていて下さい。