タテヨコブログ!☆第34回公演「あるサラリーマンの死」☆
☆2018年3月7日(水)ー3月18日(日) ギャラリ・カタカタ(東京 )☆
☆2018年3月24日(土)ー3月25日(日) IKSALON 表現者工房 (大阪 )☆
☆作・演出: 横田修 ☆
☆出演: 青木シシャモ 市橋朝子 加藤和彦 舘智子 西山竜一 久行しのぶ(以上タテヨコ企画)
坂口修一 福永理未 藤谷みき 矢内文章( アトリエ・センターフォワード ) ☆

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
kodama
児玉敬子(こだまけいこ) <役者>

2005年3月入団。新人。

◎タテヨコとの出会い
「タテヨコ企画広島ワークショップ」
上京が決まり、広島での思い出作りにと友達に誘われ参加したのが、タテヨコの2004年、夏の広島ワークショップ。観劇ではなく、演劇(芝居)をしたのは、これが生まれて初めてでした。(ちなみに、誘ってくれた友達は結局WSには来ませんでした。)
その直後、拠点を東京に移し、誘われるがまま全部ワークショップ「宇宙の正体・番外編」に参加。発表会という形式だが、そこで初舞台を踏みました。

◎入団の動機
物凄く考えたのですが、思いつきません。
なんとなく流れに身を任せていたら、入団していました。
でも、演劇自体初めてだし、不安に駆られ、入団直前に舘さんを呼び出し、
相談という名目で飲みました。
相談内容より、月曜日なのに2人ですごく飲んだという記憶しかありません。
今思えば、ある意味この飲みが本当の入団のキッカケかもしれません。

◎今後の抱負
悪魔っぷりをもっとアピールしたいです。

◎自己PR
独特の毒を以って、笑顔で”斬り”ます。